菜々緒:恋愛ドラマ“初ヒロイン”で「強さ」封印 「怖くならないように」

連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」舞台あいさつに登場した菜々緒さん
1 / 1
連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」舞台あいさつに登場した菜々緒さん

 女優の菜々緒さんが10月8日、東京都内で行われた福士蒼汰さん主演の連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(TBS系、金曜午後10時)の舞台あいさつに登場。福士さん演じる主人公・花巻みことと恋に落ちる義姉のヒロイン・沙羅を演じる菜々緒さんは「まさか自分がヒロインをやらせていただけるなんて思っていなかったので、自分が一番びっくりしている」といい、気をつけていることは「怖くならないように」と即答して、会場を盛り上げた。

 菜々緒さんは「恋愛ドラマは出させていただいたことはあるんですけれど、今までは邪魔する役」とにっこり。新境地となるヒロイン役について「形から入るのも大事かなと、前髪を切っているんですが、意外と好評です」と楽しんで取り組んでいる様子で、役作りについては「私、真顔の時は怖がられちゃうので、強さみたいなものを少し封印」したといい、「柔らかい印象を持ちつつも、運命に立ち向かう強さを持ち合わせているので、強さと優しさ兼ね備えた女性を演じられるように頑張っています」と語っていた。

 原作は、マンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載されたキリエさんの同名マンガ。手を重ねた人の「死の運命」が見えてしまう特殊な能力を持つ救急救命士の花巻みことと、命の期限が1年後に迫った義姉・沙羅との“禁断の恋”を描く切ないラブストーリー。11日から午後10時スタート、初回は15分拡大で放送される。舞台あいさつには福士さん、菜々緒さんのほか、横浜流星さん、桐谷健太さんも登場した。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る