おいしい給食:市原隼人主演の給食ドラマが映画化 「お客さん、びっくりしちゃうんじゃない」

テレビ
映画「おいしい給食」の場面写真 (C)2019「おいしい給食」製作委員会

 俳優の市原隼人さんが主演を務め、10月からテレビ神奈川などで順次放送されるドラマ「おいしい給食」が、映画化されることが10月9日、分かった。2020年初春に公開される。同時に、市原さんが映画について「お客さん、びっくりしちゃうんじゃないかと思うぐらいワクワクしすぎて。映画でこんな感覚初めてでした」と語っている特報が公開された。

 「おいしい給食」は、1980年代のある中学校を舞台に、給食マニアの教師・甘利田幸男(市原さん)と彼を取り巻く子供たちの人間模様を描く、学園グルメコメディー作品。劇中には鯨の竜田揚げや、ミルメーク、ソフトめんなど、懐かしの給食が登場する。

 女優でモデルの武田玲奈さん、人気ユニット「BOYS AND MEN」(ボイメン)の辻本達規さん、子役の佐藤大志さん、豊嶋花さんらも出演する。

 ドラマは、10月からテレビ神奈川、TOKYO MX、BS12トゥエルビほかで順次スタート。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る