MANTANWEB(まんたんウェブ)

松岡昌宏:人気マンガ「死役所」実写化に自信 主人公のキャラは「新しい引き出し」

テレビ
連続ドラマ「死役所」の会見に出席した(左から)黒島結菜さん、清原翔さん、人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さん、松本まりかさん、でんでんさん

 人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さんが10月10日に東京都内で行われた、10月16日スタートの主演ドラマ「死役所」(テレビ東京系、水曜深夜0時12分)の会見に登場。あの世の市役所ならぬ「死役所」で働く主人公のシ村を演じる松岡さんは、「(シ村のキャラは)新しい引き出しであることは間違いない」とコメント。「やったことないものだからこそ、いろいろと手探りでやりつつ、やったことないから、なにやってもいいだろうというところもあるので、楽しくやっています」と手応えを語った。

 ドラマは、あずみきしさんの同名マンガ(新潮社)が原作。あの世の市役所ならぬ「シ役所」を舞台に、シ役所「総合案内」で働く職員・シ村(松岡さん)が、次から次へと現れる死者に「お客様は仏様です」と慇懃(いんぎん)無礼な態度で対応する姿を描くエンターテインメント作。松岡さんは、同局のドラマ初主演となる。

 原作マンガを「全部読んだ」という松岡さんは、「とても人気のあるマンガの主人公ということで、これを本当にテレビで表現できるのかなという不安もあった」と告白。「それと同時に、もし本当にこれを再現するのであれば、僕が一視聴者でも見たくなるなと思わせる題材、表情、いろんな側面を持っている作品になっていると思います」と表現した。実写化については手応えを感じている様子で、「(ドラマは)とても面白いと思います。自信持って言えます。一人でも多くの方に見ていただければ」と力を込めていた。

 この日の会見には、黒島結菜さん、清原翔さん、松本まりかさん、でんでんさんも出席した。ドラマは10月16日スタートで、毎週水曜深夜0時12分に放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る