死役所:人気マンガ実写化に「完成度ヤバい」と話題 “シ村”松岡昌宏に「はまり役」の声も

テレビ
人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さんが主演する連続ドラマ「死役所」の第1話の1シーン(C)「死役所」製作委員会

 人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さんの主演ドラマ「死役所」(テレビ東京系、水曜深夜0時12分)の第1話が、10月16日深夜に放送された。あずみきしさんの同名マンガ(新潮社)が原作で、松岡さんはあの世の市役所ならぬ「シ役所」で働く主人公・シ村を演じている。SNSでは、「死役所のドラマ完成度ヤバイわ」「松岡の演技がマンガそのものすぎてリアリティーありすぎた」「死役所ドラマ、シムラさんはまり役ですね!」などの反響があった。

 ドラマは、あの世の「シ役所」を舞台に、シ役所「総合案内」で働く職員・シ村が、次から次へと現れる死者に「お客様は仏様です」と慇懃(いんぎん)無礼な態度で対応する姿を描くエンターテインメント作。20歳の誕生日に急性アルコール中毒で亡くなった、天真らんまんな女子大生の三樹ミチルを黒島結菜さん、「生活事故死課」の職員・ハヤシを清原翔さん、生前は美容師だった「自殺課」職員・ニシ川を松本まりかさん、「他殺課」職員・イシ間をでんでんさんが演じる。

 第1話では、松岡さんをはじめ、清原さん、松本さん、でんでんさんらが演じるシ役所で働くメンバーの姿が描かれた。SNSには、「松本まりかちゃんのニシ川さん、クールなところマンガのまんま」「死役所の実写キャスト見て笑っちゃった。特にでんでんと松本まりかいいな」といった声もあった。

 また、原作に登場する“顔が半分ない女性”もドラマに登場したことから、「テレ東これを再現するとは」「トレンド見ていてちゃんと右半分ない!ってビックリした!」など驚きの声が上がっていた。なお、「死役所」は、毎週地上波放送終了後、動画配信サービス「Paravi」「ひかりTV」で配信される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る