なつぞら:「真田丸」の“吉野太夫”中島亜梨沙 スピンオフで菊介さんの妻に「ゆかいな戸村ファミリー」形成?

テレビ
NHKの連続テレビ小説「なつぞら」のスピンオフドラマで戸村カナ子を演じる中島亜梨沙さん (C)NHK

 9月28日に最終回を迎えたNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」のスピンオフドラマに、2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」で真田昌幸(草刈正雄さん)を翻弄(ほんろう)する妖艶な吉野太夫を演じた女優の中島亜梨沙さんが出演することが10月18日、明らかになった。

 中島さんは菊介(音尾琢真さん)の妻・戸村カナ子を演じる。カナ子は十勝の酪農家の娘で、青年団の集まりで知り合い、一目ぼれした菊介が熱烈にアタックを続け、結婚するも、最近は趣味のフォークギターばかりに熱中し、家族のことをないがしろにしている菊介に少々嫌気がさしているという設定で、スピンオフドラマの一編「十勝男子、 愛を叫ぶ!」に登場する。

 中島さんは「北海道が舞台の『なつぞら』のスピンオフに出演させていただけるなんて、北海道出身の私としては、『なまらうれしい』以外の言葉が見つかりません! 音問別の皆さんにも温かく迎えていただいて夢のような撮影でした。ゆかいな戸村ファミリーを楽しんで見ていただけたらうれしいです」とコメントしている。菊介とカナ子の一人娘・公英(きみえ)役で川床明日香さんが出演することも発表された。

 スピンオフドラマは「とよさんの東京物語」と「十勝男子、 愛を叫ぶ!」の2本立て。特別番組「なつぞらSP 秋の大収穫祭」として、BSプレミアムで11月2日午後7時から放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る