桜井日奈子:「5時間ゴミ箱をあさり続けた」 主演映画の過酷撮影を告白

映画
映画「殺さない彼と死なない彼女」の舞台あいさつに出席した桜井日奈子さん

 女優の桜井日奈子さんが10月29日、TOHOシネマズ六本木(東京都港区)で開催中の「第32回東京国際映画祭」(TIFF)内で行われた映画「殺さない彼と死なない彼女(殺カレ死カノ)」(11月15日公開)の舞台あいさつに出席。ダブル主演を務める俳優の間宮祥太朗さん、小林啓一監督と共に登場した桜井さんは、撮影中に印象に残った出来事を聞かれ、「5時間ゴミ箱をあさり続けた」と過酷な撮影を明かし、会場内を騒然とさせた。

 桜井さんは「印象的だったのがクランクインの日のとあるワンシーン。リハーサルの段階で5時間かかった」「小坂(間宮さん)と女の子が話しているシーンで、その視線の先には(自身が演じる)鹿野がゴミ箱をあさっている。5時間ゴミ箱をあさり続けました」と告白。続けて「監督の強いこだわりのもと、みんなで丁寧に作った作品です」と意図を説明すると、小林監督も「こだわりですね。5時間ぐらいは必要かなと」とちゃめっ気たっぷりに話しつつ、桜井さんの熱演に敬意を表していた。

 映画は、SNSマンガ家の世紀末さんがSNSに投稿して話題になり、書籍化された同名マンガが原作だが、間宮さんは「僕も含めてですが、個人としてSNSの発達もあって大人数を相手にしなければならないように錯覚し始めているなと思う」と持論を展開。今作について「この映画は、自分と特別な誰かという2人の話ばかり。一人そういう存在がいるということの尊さみたいなものが伝われば」と思いを語った。

 さらに間宮さんは「監督は桜井さんをはじめ女性を撮るのがとてもうまい。きれいに撮っているので2時間満足できると思う」とアピール。小林監督が「間宮君も美しく撮ったので、そこも見どころ」と話すと、間宮さんは恥ずかしそうに笑っていた。

 映画は、何にも興味が持てず、退屈な学生生活を送っている高校3年の小坂が、ある日、蜂の死骸を埋葬しているクラスメート・鹿野に出会い、心優しいがネガティブな言動で孤立し、リストカット常習者で“死にたがり”の鹿野に興味を抱き……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る