戸田恵梨香:「スカーレット」ファンと目が合うも気づかれず 大島優子は喜美子の表情にショックも

テレビ
NHKの連続テレビ小説「スカーレット」で主演する戸田恵梨香さん

 放送中のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「スカーレット」の出演者によるプレミアムトークが11月3日、NHK大阪放送局(大阪市中央区)の「NHKホール」で開催された。主人公の川原喜美子役の戸田恵梨香さん、喜美子の幼なじみの熊谷照子役の大島優子さん、喜美子が働く「荒木荘」の住人・田中雄太郎を演じるお笑いコンビ「TKO」の木本武宏さんが登壇し、撮影の裏話や今後の見どころなどを語った。

 3人は客席通路から登場し、大きな歓声を浴びた。ドラマの反響を聞かれ、大島さんは「照子が登場するたびに笑えると言われます。一生懸命に生きてるんですけどねえ」、木本さんは「町で会う皆さん(の反応)が優しかったけど、(荒木荘の)家賃を払ってないことがオンエアされてから、急に世間が厳しくなりました」と、それぞれ苦笑交じりで語った。一方、戸田さんは「先日東京でご飯を食べてる時に、ちょうど『スカーレット』の話をしてる人と目が合ったけど、全然気づかれなかったです」と笑い、2人が受ける世間の反響をうらやんでいた。

 トークは、これまで放映された物語をダイジェストで振り返りつつ、その場面についてコメントを入れる形で進行。信楽編にのみ登場する大島さんは、大阪編の様子が放映まで一切分からなかったといい「照子の(送った)手紙を、喜美子は絶対喜んで読んでると思ってたら、あの(微妙な)顔だとは思わなかったです」と少しショックを受けた様子。また戸田さんは、喜美子の初恋の相手・圭介(溝端淳平さん)が、荒木荘を出ていくことを告げる視聴者の涙を誘ったシーンで「喜美子はいろんな複雑な気持ちを持ってるんだけど、私は『投げ飛ばしたる』と思ってました。そんなにはぐらかすようなことを、喜美子に言うなよ!と」と喜美子とは真逆の心境で演じていたことを告白した。

 またトーク中には木本さんが、今週放映される第6週で披露する歌を、フルバージョンで弾き語る場面もあった。ドラマ上では木本さんと絡むことがない大島さんは「シンプル(な歌)だけどすごくいい。歌声もカッコいいですし、すごく心に響きました」と素直に感動し、戸田さんは「(ドラマ中では)ライブ映像みたいで、すごく躍動感たっぷりの雄太郎さんになってるんで、ぜひ楽しみにしてください」と期待を持たせていた。

 今後の見どころについて、木本さんは「今週は重要な週なので心して見てください。なんでかと言うと、僕がそれで出てこなくなるから」とコメント。大島さんは「喜美子が信楽に戻ってきて、幼なじみの会話とかシーンが増えてくると思うので、ぜひ応援していただきたいなと思います」と話した。戸田さんは「喜美子は陶芸の世界の第一歩を、これから踏み出していきます。撮影は今ようやく折り返しなんですけど、最後までやり遂げますので、ぜひ見守っていただければと思います」と力強く語り、会場は大きな拍手に包まれた。

「スカーレット」は、101作目の朝ドラ。焼き物の里・滋賀県の信楽を舞台に、女性陶芸家の草分け・川原喜美子の波瀾(はらん)万丈の人生を描く。放送は総合で月~土曜午前8時ほか。またこのプレミアムトークの一部は、後日NHKで放映される予定。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る