シャーロック:“獅子雄”ディーン・フジオカが“若宮”岩田剛典と同じベッドに? 視聴者興奮!

テレビ
連続ドラマ「シャーロック」に出演しているディーン・フジオカさん(右)と岩田剛典さん

 俳優のディーン・フジオカさん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「シャーロック」(月曜午後9時)の第6話が11月11日、放送された。同話では、ディーン・フジオカさん演じる誉獅子雄がベッドに寝転んでいるシーンが登場。かつて劇中に登場した若宮が使っているベッドの上にあった枕を獅子雄が使っていたことから、SNSでは「若宮のベッドに獅子雄……」「なんで一緒の布団に寝ている!」「今回で確信した。同じベッドで寝ているな!」「想像すると興奮してしまう……」「もはや夫婦......」といった声が多く上がり、盛り上がりを見せた。

 ドラマは、犯罪捜査専門のコンサルタントの獅子雄と若宮のコンビが難事件を解決していく姿を描く。原作は、アーサー・コナン・ドイルの生んだ世界一有名なミステリー小説「シャーロック・ホームズ」シリーズ。

 第6話「前世で犯した殺人?カナリアとビデオテープが語る真相…」には、吉川愛さん、和田正人さん、堀田真由さん、若林時英さん、永瀬莉子さんらがゲスト出演した。

 獅子雄と若宮は、テレビやネットで話題の前世殺人を調査する。女子高生の高遠綾香(吉川さん)が告白した殺人を捜査すると、死後20年が経過した遺体が発見される。小暮クミコ(山田真歩さん)の聴取に綾香は“前世で殺害した”と証言。数日後、獅子雄は綾香が塾帰りに男から襲われそうになったPTSD(心的外傷後ストレス障害)から不眠症になり、大学病院でカウンセリングを受けていたことを知る……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る