今週シネマ:11月15日公開の映画 「地獄少女」「下忍 青い影」「エンジェルサイン」…話題作続々

映画
映画「地獄少女」の場面写真(C)地獄少女プロジェクト/2019 映画『地獄少女』製作委員会

 今週公開される映画の注目作をピックアップする「今週シネマ」。11月15日にモデルで女優の玉城ティナさん主演映画「地獄少女」(白石晃士監督)、俳優の結木滉星(ゆうき・こうせい)さん初の単独主演映画「下忍 青い影」(山口義高監督)、人気マンガ「シティーハンター」などで知られるマンガ家の北条司さんが初の実写映画総監督を務める「エンジェルサイン」が公開された。

 「地獄少女」の原作のテレビアニメは、午前0時にだけアクセスできるサイト「地獄通信」に恨みを書き込むと、地獄少女の閻魔あいが現れ、相手を地獄に送ってくれる、という内容。2005年に第1期が放送され、その後、実写ドラマ化、舞台化されるなど人気となった。2017年には、約8年ぶりの新作でテレビアニメ4期「宵伽(よいのとぎ)」が放送された。

 映画は、人気アーティスト、魔鬼(藤田富さん)のライブで知り合った南條遥(仁村紗和さん)に魅了された女子高生の市川美保(森七菜さん)は、遥と一緒にコーラスのオーディションを受けることに。遥は合格するが、やがて美保に冷たくなるなど、少しずつ様子がおかしくなる。遥を心配した美保は、魔鬼が遥をライブでの「儀式」のいけにえにしようとしていることを知り、遥を奪い、その命までも奪おうとする魔鬼を地獄送りにするため、うわさのサイト「地獄通信」にアクセスする……という内容。

 「下忍 青い影」は、俳優の寛一郎さん主演の「下忍 赤い影」の前日譚(たん)に当たる物語。特撮ドラマ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(ルパパト、テレビ朝日系)の朝加圭一郎(パトレン1号)役で話題となった結木さんが演じるのは、琉球武術の使い手の尚。倒幕前夜という時代の変革期を舞台に、因縁のある薩摩藩士と激闘を繰り広げる。因縁の相手、隆正役で「仮面ライダー龍騎」の須賀貴匡さんが出演。アクション俳優・監督の坂口拓さんがアクション監修を担当した。

 倒幕を狙う薩摩藩士たちの狼藉(ろうぜき)で庶民の暮らしが脅かされている時代。尚(結木さん)は、薩摩藩士の隆正(須賀さん)といさかいの果て、不穏な空気が漂う江戸へ流れ着く。ある日、尚は女郎屋に売られた少女、千(三上紗弥さん)と出会う。その陰には、西郷隆盛の指令で江戸の動乱に拍車をかけたい隆正の姿があった……。

 「エンジェルサイン」は、全編せりふが無く、映像と音楽だけでストーリーが展開していく長編オムニバス映画。各作品をつなぐ「プロローグ&エピローグ」は北条さんの世界観が表れたオリジナルストーリーだ。

 「プロローグ&エピローグ」は、恋人同士のチェリスト、アイカ(松下奈緒さん)とピアニストのタカヤ(ディーン・フジオカさん)は「いつか2人の音楽で、世界中の人々を感動させたい」と夢を追いかけていたが、「エンジェルサイン」というチェロとピアノの二重奏曲を作り上げた直後、タカヤが帰らぬ人となってしまう。アイカがチェロだけで演奏する「エンジェルサイン」は、やがて世界に広まっていき……というストーリー。

 このほか、歌手の山崎まさよしさんが約14年ぶりに長編映画で主演を務めた「影踏み」(篠原哲雄監督)が11月15日に公開された。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る