北村匠海:「ぼくらの7日間戦争」ダブル主演の芳根京子は「声がすてきで芯がある」 

アニメ 映画
劇場版アニメ「ぼくらの7日間戦争」の完成報告会見に登場した北村匠海さん

 人気グループ「DISH//」のメンバーで俳優の北村匠海さんが11月20日、東京都内で行われた劇場版アニメ「ぼくらの7日間戦争」(村野佑太監督、12月13日公開)の完成報告会見に女優の芳根京子さんらと登場。北村さんは今作で声優としてダブル主演する芳根さんの印象を聞かれると「声がすてきで、芯がある感じがすごいですよね。お人柄もすごく柔らかいですし……」とコメントし、「常に現場では支え合っていた感じがします」とアフレコを振り返った。

 会見には声優の鈴木達央さん、村野監督も出席。鈴木さんが「北村君がすごく『アニメが好き』って言ってくれていたので……」と北村さんの“アニメ好き”ついて切り出すと、北村さんは「感動していました、ずっと。『あの(キャラを演じている)声なんですよね……』って」と鈴木さんとの共演を喜んでいたという。収録の休憩時間に北村さんが好きなアニメの主人公声優が偶然通りかかり、あいさつしたというエピソードを鈴木さんが披露すると、北村さんは「びっくりしましたね。“2日間感激”していました」と映画のタイトルに絡めて感動を表現していた。

 映画は宗田理さんのベストセラー小説「ぼくらの七日間戦争」(KADOKAWA)が原作。原作は累計発行部数2000万部を超える「ぼくら」シリーズの第1作で、1985年に刊行された。劇場版アニメは、実写映画で描かれた“七日間戦争”から30年ほどの時が流れた2020年を舞台に“7日間”の冒険が描かれる。いつも一人で本ばかり読んでいる鈴原守、議員である父親の都合で1週間後に東京に引っ越すことになった千代野綾たちが、古い石炭工場を秘密基地に7日間、大人から隠れようとする……というストーリー。

 北村さんが鈴原守、芳根さんが千代野綾を演じ、1988年公開の実写映画で主人公・中山ひとみを演じた女優の宮沢りえさんが“2020年の中山ひとみ”の声優を務める。潘めぐみさん、鈴木さん、大塚剛央さん、道井悠さん、小市眞琴さん、櫻井孝宏さんも声優として出演する。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る