山崎育三郎:「おっさんずラブ-in the sky-」で“嵐を呼ぶバチェラーCA”に 田中圭“はるたん”と急接近

テレビ
連続ドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」に出演する山崎育三郎さん(左)と田中圭さん=テレビ朝日提供

 “ミュージカル界のプリンス”と呼ばれている俳優の山崎育三郎さんが、田中圭さん主演の連続ドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)の第6話(12月7日放送)から出演することが11月22日、分かった。山崎さんと田中さんは初共演で、山崎さんは“嵐を呼ぶバチェラーCA”の獅子丸怜二に扮(ふん)する。

 「天空ピーチエアライン」で働くことになる獅子丸は、2カ月前まで外資系のドバイ航空にいたという35歳独身。春田が獅子丸の教育係になる。獅子丸はイケメン、デキる男、気さくないいヤツというキャラクターで、非の打ちどころのないナイスすぎる様相に、男女共に人気が沸騰。さながら“バチェラー状態”に……という展開に。

 山崎さんは、ドラマの出演について「前作もずっと見せていただいていたので、不思議な感覚です」と話し、撮影に入る際は「緊張していたんですけど、圭さんのもっている空気で現場にいい雰囲気が流れていて、すごく温かかったので、すっと入っていけました」と振り返っている。田中さんとの初共演には「お芝居では初めてご一緒させていただくのですが、“はるたん”そのものでした」といい「圭さんはなんでも受け止めてくれる、どんな球を投げてもキャッチしてくださる安心感のある役者さんだと思いますので、芝居で遊びたいですね、はるたんと一緒に。歌ったり踊ったりするシーンがあれば」と語っている。

 田中さんは、山崎さんとの初共演に「年も近いし、今回この『おっさんずラブ』に6話から参戦してくれるのが楽しみでした。もうちょっと芝居上で遊びたいなと思っているんですけど、今のところまだできていないので、仕掛けていこうかなとチャンスを狙っています」と話し、「獅子丸が登場するシーンは、俺も全部ミュージカル風にやろうと思っていましたが、絶対勝てない土俵であえて勝負を挑もうかと(笑い)。でも、できなかったので……どこかでやりたいなと思っています!」とコメント。今後の見どころについては「春田と獅子丸が急接近するシーンもあるのですが……どんなスキンシップがあるのかは、内緒です(笑い)!」とメッセージを寄せている。

 「おっさんずラブ-in the sky-」は、35歳でリストラされ、転職して航空会社で働くことになった、モテないポンコツ独身男の春田に、突然のモテ期がやってくる。「グレートキャプテン」と呼ばれるほど技術、人柄共に優れたパイロットの黒澤(吉田鋼太郎さん)が、一生懸命お客様のために奔走する春田とフライトを重ねるうちに、少しずつ彼を認めるようになり、いつの間にかうっかり恋してしまう……というストーリー。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る