まだ結婚できない男:第9話「偏屈男が素直になって悪いか!!」 阿部寛“桑野”、稲森いずみ“有希江”とデート

テレビ
俳優の阿部寛さんの主演ドラマ「まだ結婚できない男」の第9話の1シーン=カンテレ提供

 俳優の阿部寛さんの主演ドラマ「まだ結婚できない男」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第9話「偏屈男が素直になって悪いか!!」が、12月3日に放送される。桑野(阿部さん)が仕事中に倒れ、中川(尾美としのりさん)の病院に運び込まれる。見舞いに訪れたまどか(吉田羊さん)、有希江(稲森いずみさん)、早紀(深川麻衣さん)は、皮肉も全く言わず、いつになく素直で別人のような態度の桑野に大いに驚く。

 病気をきっかけに桑野が“いい人”になったと喜ぶ有希江と早紀に対して、普段から桑野とケンカばかりのまどかだけは、素直なのはあくまで一時的なものに違いないと疑うが、有希江から「桑野さんに厳しすぎ」と指摘されてしまう。

 案の定、まどかは回復した桑野と、ささいなことで言い争いに。有希江や早紀には好意的なのに、なぜ自分には皮肉ばかり言うのか、納得がいかないまどかに対し、早紀は、男と女の間には言葉と感情が裏腹になることがあると力説。それを体現した自分の舞台を見に来てほしいと、まどかたちを誘う。

 数日後、都合が悪くなり、舞台に行けなくなったまどかが困っていると、偶然桑野がやって来て、自分が代わりに行くと言い出す。早紀が、桑野には来てほしくないと言っていたことを思い出したまどかは慌てるが、一度行く気になった桑野を止められず、結局、桑野と有希江が舞台を見に行くことに。まどかは2人のデート(?)が気になって……。

 ドラマは、2006年7~9月に放送された連続ドラマ「結婚できない男」の続編。前作は、偏屈で独善的で皮肉屋だが、どこか憎めない独身の建築家・桑野信介(阿部さん)が、女性との出会いをきっかけに恋愛を意識し、結婚を真摯(しんし)に考えるまでの日常を描き、話題となった。続編は、前作から13年後が舞台で、変わらず独身で「偏屈さにさらに磨きがかかった」という桑野の日常を描く。前作に続き、尾崎将也さんが脚本を担当する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る