孤独のグルメ:シーズン8 第10話「東京都世田谷区豪徳寺のぶりの照焼き定食とクリームコロッケ」

俳優の松重豊さんの主演ドラマ「孤独のグルメ Season8」第10話の1シーン(C)テレビ東京
1 / 8
俳優の松重豊さんの主演ドラマ「孤独のグルメ Season8」第10話の1シーン(C)テレビ東京

 俳優の松重豊さん主演の人気ドラマシリーズ第8弾「孤独のグルメ Season8」(テレビ東京系、金曜深夜0時12分)の第10話「東京都世田谷区豪徳寺のぶりの照焼き定食とクリームコロッケ」が12月6日深夜に放送される。きたろうさん、半海一晃さんがゲスト出演する。

 井之頭五郎(松重さん) は商談相手の内田良夫(きたろうさん)が待つ豪徳寺へ。依頼された書斎デスクのカタログを渡すと、内田は「ものすごいヤリ手と聞いている」などと五郎をあおり出す。

 何かと面倒な内田との商談を終え疲れた五郎は、豪徳寺で早めの晩飯を食べて帰ることに。山下商店街を歩いていると「お食事処」ののぼりを発見。魚や洋食メニューが書かれた黒板と和なのか洋なのか“読めない”店が気になるが入り口には「CLOSED」の札が……。

 久住昌之さん原作、谷口ジローさん作画の同名人気マンガをドラマ化。輸入雑貨商を営む井之頭五郎が、営業先で見つけた店にふらりと立ち寄り、一人で食事をする姿を描く。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事