King Gnu:「スマホ2」で初の映画主題歌書き下ろし

4人組ミクスチャーロックバンド「King Gnu」(C)2020映画「スマホを落としただけなのに2」製作委員会
1 / 2
4人組ミクスチャーロックバンド「King Gnu」(C)2020映画「スマホを落としただけなのに2」製作委員会

  4人組ミクスチャーロックバンド「King Gnu(キングヌー)」が、2018年に公開された映画「スマホを落としただけなのに」の続編「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」(中田秀夫監督、2020年2月21日公開)の主題歌を担当することが12月13日、明らかになった。タイトルは「どろん」で、King Gnuが初めて映画のために書き下ろした新曲となる。

 メンバーの常田大希さんは、新曲について「映画で描かれる『愛情への不安や焦燥感』を『ネット社会のあやうさ・怖さ』とシンクロさせながら描きました。刑事・加賀谷と殺人鬼・浦野の関係性に、キツネとタヌキの化かし合い的なものを感じ、そこから『どろん』というタイトルに結びつけました」と語っている。

 「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」は、志駕晃さんによる同名小説が原作。前作で刑事・加賀谷を演じた千葉雄大さんが引き続き同役で出演し、アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣さんが加賀谷の恋人役で、新たな事件に巻き込まれていくヒロインの美乃里を演じる。また、成田凌さんが、加賀谷に逮捕され獄中にいながらも美乃里に興味を示す“囚われの殺人鬼”浦野を演じる。

 同時に、「どろん」が使用された最新の予告映像と、ポスタービジュアルが解禁された。ポスタービジュアルには加賀谷と美乃里、浦野に加え、加賀谷の元同僚の笹岡(鈴木拡樹さん)や謎に包まれた男、兵頭(井浦新さん)、犯罪者“M”の姿が写し出されている。

写真を見る全 2 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る