乃木坂46:レコ大3連覇に向け「自信を持って挑みたい」 AKB48、坂道グループで競い合い

テレビ
「第61回 輝く!日本レコード大賞(レコ大)」の会見の様子

 アイドルグループ「乃木坂46」の齋藤飛鳥さんが12月16日、TBS(東京都港区)で開かれた「第61回 輝く!日本レコード大賞(レコ大)」の会見に登場。3連覇への意気込みを聞かれた齋藤さんは「正直、2年連続で賞をいただけたことは奇跡だと思っています」と話し、「メンバー(自身)がグループのことが大好き。(レコ大がある)30日はこのステージに来られないメンバーの気持ちも背負って、(パフォーマンスを通して)乃木坂46への愛を伝えられたら」と控えめに語っていた。

 今回のレコ大は、「乃木坂46」に加え、秋元康さんが手がけるアイドルグループ「AKB48」「欅坂46」「日向坂46」も優秀作品賞を受賞し、それぞれ会見に出席。12月30日に、優秀作品賞の中から「日本レコード大賞」が選ばれることになり、アピールポイントを聞かれた「乃木坂46」の松村沙友理さんは「闘争心もあるけど、四つのグループで高め合っていけたら。メンバー同士の愛は負けないと思うので、自信を持って挑みたい」とコメント。

 「AKB48」の向井地美音さんは「今年で11回目の出場。本当にうれしく思います」と喜び、柏木由紀さんは「最初にできたグループなので、AKB48らしく元気に明るくパフォーマンスしたい。(坂道グループとは)お互い、切磋琢磨(せっさたくま)して頑張りたいです」と語った。

 優秀作品賞に初めて選ばれた「日向坂46」の佐々木久美さんは「私たちは、2019年にデビューさせていただいたばかり。先輩たちがあってこそ」と感謝を語り、「(レコ大は)去年までおうちで見ていました。この場に立てるだけで光栄。デビューさせていただいたばかりなので、フレッシュさで負けないよう頑張りたい」と元気よく語った。「欅坂46」の菅井友香さんは「4グループで出られてうれしい。楽曲の強さやメッセージ性の強さはあるので、精いっぱい伝えられるよう頑張りたい」と声を弾ませていた。

 会見には、市川由紀乃さん、海蔵亮太さん、新浜レオンさん、彩青さん、「DA PUMP」「BEYOOOOONDS」「Foorin」も出席。平均年齢11.2歳で優秀作品賞の史上最年少受賞者となった「Foorin」のもえのさんは「このような素晴らしい場所に立たせてもらっているのはすごいことだと思っています。1人でも多くの方に『パプリカ』で元気を届けられたら」と目を輝かせていた。

 日本レコード大賞と最優秀新人賞は、12月30日午後5時半から放送される「第61回 輝く!日本レコード大賞」で発表される。日本レコード大賞の審査対象となる「優秀作品賞」には、「乃木坂46」の「Sing Out!」や「欅坂46」の「黒い羊」、「日向坂46」の「ドレミソラシド」、「AKB48」の「サステナブル」、「Foorin」の「パプリカ」など10作品が選出されている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る