日向坂46:レコ大優秀作品賞受賞に佐々木久美「夢にも思ってなかった」 AKB48、坂道グループの競い合いは「フレッシュさで」

テレビ
「第61回 輝く!日本レコード大賞(レコ大)」の会見に出席した日向坂46の佐々木久美さん

 アイドルグループ「日向坂46」の佐々木久美さんが12月16日、TBS(東京都港区)で開かれた「第61回 輝く!日本レコード大賞(レコ大)」の会見に登場。今年3月に「日向坂46」としてデビューし、セカンドシングル「ドレミソラシド」が優秀作品賞を受賞したことについて「まさか、デビューした年に優秀作品賞に選んでいただけるなんて、夢にも思っていませんでした、本当に光栄です」と喜びを伝えた。

 今回のレコ大は、「日向坂46」に加え、秋元康さんが手がけるアイドルグループ「AKB48」「乃木坂46」「欅坂46」も優秀作品賞を受賞。大賞を争うことになるが、佐々木さんは「(レコ大は)去年までおうちで見ていました。この場に立てるだけで光栄」と語りつつ、「デビューさせていただいたばかり。(ほかのグループには)フレッシュさで負けないよう頑張りたい」と意気込みも語っていた。

 会見には、市川由紀乃さん、海蔵亮太さん、新浜レオンさん、彩青さん、「AKB48」「欅坂46」「DA PUMP」「乃木坂46」「BEYOOOOONDS」「Foorin」も出席した。

 日本レコード大賞と最優秀新人賞は、30日午後5時半から放送される「第61回 輝く!日本レコード大賞」で発表される。日本レコード大賞の審査対象となる「優秀作品賞」には、日向坂46の「ドレミソラシド」や乃木坂46の「Sing Out!」や欅坂46の「黒い羊」、AKB48の「サステナブル」、「Foorin」の「パプリカ」など10作品が選出されている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る