おっさんずラブ-in the sky-:オリジナルドラマ配信決定 “成瀬”千葉雄大&“四宮”戸次重幸のその後を描く

テレビ
オリジナルドラマ「おっさんずラブ-in the sky-~ゆく年くる年SP~ 前編・後編」のメインビジュアル=テレビ朝日提供

 12月21日に最終回を迎えた、俳優の田中圭さん主演の連続ドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)のその後を描くオリジナルドラマがインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」などで配信されることが同日、分かった。配信されるドラマは前後編で、千葉雄大さん扮(ふん)する副操縦士の成瀬竜と戸次重幸さん演じる整備士の四宮要との関係を描くほか、四宮の後輩整備士の道端寛太(鈴鹿央士さん)と広報部員の橘緋夏(佐津川愛美さん)との恋も描かれるという。

 ドラマは「おっさんずラブ-in the sky-~ゆく年くる年SP~ 前編・後編」と題され、前編は、最終回でクリスマスを一緒に過ごした成瀬と四宮が、気まずい状態になる。四宮の煮え切らない態度にイライラしていた成瀬は、この状況を打破しようと、四宮が主催する忘年会で関係を進めるべく、緋夏にバックアップをお願い。一方、キャビンアテンダントの根古遥(MEGUMIさん)から、緋夏とのデートについてダメ出しされた道端は、四宮に泣きついて、忘年会での挽回を企てる。やがて忘年会を迎えるが、四宮は、成瀬の行動にキレる……と展開。後編では、忘年会で成瀬と大げんかをした四宮が、社員寮を飛び出し、ジョギング中の黒澤武蔵(吉田鋼太郎さん)と遭遇。「魁おっさん塾」に再度、入門し……と展開する。

 前編は12月24日深夜0時、後編は同月25日深夜0時に配信される。KDDIの映像配信サービス「ビデオパス」でも視聴できる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る