米津玄師:歌唱せずとも紅白で存在感 「パプリカ」「まちがいさがし」「カイト」に称賛の声

テレビ
「第70回NHK紅白歌合戦」のロゴ

 シンガー・ソングライターの米津玄師さんが、2019年大みそかに放送された「第70回NHK紅白歌合戦」にVTRで出演。米津さん本人は歌唱することはなかったが、序盤に5人組の子供ユニット「Foorin(フーリン)」が歌う「パプリカ」、中盤に菅田将暉さんが歌う「まちがいさがし」、終盤に「嵐」が歌う「カイト」と、米津さんが作詞・作曲した楽曲が次々と披露され、存在感を示した。

 SNSでは「本人は歌わないのに、歌わないことで一層、今年の紅白で存在感を植えつけていく」「全体を通して米津玄師の存在感すごいな」「米津玄師さんさすが!」「やっぱ米津玄師すてきすぎる」「3曲も使われてた、米津玄師の存在感強いな」と称賛する声が多く上がった。

 またFoorin、菅田さん、嵐がそれぞれ歌い終わると「『パプリカ』老若男女みんなが歌って踊れるのは、ほんとすごいと思う」「米津玄師さんもそれを歌い上げる菅田将暉さん、2人ともかっこいい」「嵐と米津玄師すごかった」などの反響があった。

 「第70回NHK紅白歌合戦」は、白組司会を人気グループ「嵐」の櫻井翔さん、紅組司会を女優の綾瀬はるかさんが担当。総合司会は、3年連続となる内村さんが同局の和久田麻由子アナウンサーと共に務めた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る