スカーレット:20歳の新進俳優・大江晋平が出演 喜美子の息子の幼なじみ役

テレビ
NHKの連続テレビ小説「スカーレット」に出演が決まった大江晋平さん

 女優の戸田恵梨香さんが主演を務めるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「スカーレット」に、2018年公開の映画「焼肉ドラゴン」でデビューを果たした俳優の大江晋平さん(20)が出演することが1月31日、分かった。ヒロイン喜美子(戸田さん)の息子、川原武志(伊藤健太郎さん)の幼なじみで、明るいムードメーカー的存在の宝田学を演じる。

 大江さんは「初の朝ドラ出演ということで緊張や不安もありましたが、学という人物のキャラクターと同じように明るく楽しく撮影させていただいております!」とコメントを寄せている。2月5日放送の第105回から登場する。

 「スカーレット」は、101作目の朝ドラで、焼き物の里・信楽を舞台に、女性陶芸家の草分けとなる“究極の働き女子”川原喜美子の波瀾(はらん)万丈の人生を描く。脚本を人気ドラマ「ホタルノヒカリ」シリーズなどで知られる水橋文美江さんが手がけ、語り(ナレーション)をNHKの中條誠子アナウンサーが担当。主題歌は、ボーカリスト越智志帆さんのソロユニット「Superfly」のオリジナルソング「フレア」。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る