中村倫也:“相棒”小芝風花と息ぴったり GP帯初主演連ドラ「美食探偵 明智五郎」クランクイン

テレビ
4月から放送される連続ドラマ「美食探偵 明智五郎」に出演する中村倫也さん(右)と小芝風花さん=日本テレビ提供

 俳優の中村倫也さんが主演を務め、4月から放送される連続ドラマ「美食探偵 明智五郎」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の撮影がこのほどスタートした。主人公・明智五郎役の中村さんは、相棒の小林苺(いちご)を演じる小芝風花さんとのシーンでクランクインを迎え、初共演ながら息の合った芝居を見せたという。

 ゴールデン・プライム帯(GP帯、午後7~11時)初主演となる中村さんは撮影後、「緊張して緊張して、昨日は全然眠れませんでした」と告白。小芝さんに「本当ですか?」と聞かれると「8時間しか眠れなかったです(笑い)」と返して笑いを誘った。小芝さんも「私も昨日緊張して夜10時に寝ました」と笑わせるなど、早くも息ぴったりの様子だった。

 この日の最初に撮影されたのは、明智の探偵事務所の前で、苺が移動弁当屋「いちご・デリ」のワゴン車で弁当を売るという場面。2人はリハーサルでは、中村さんが小芝さんに勢いよく迫りすぎて、小芝さんが吹き出してしまう一幕もあったという。

 初日の感想を改めて聞かれた中村さんは「現場に来て、今日こうやって風花ちゃんとお芝居できて楽しいですね。なんだか、初日からチームワークというか、いいグルーブが生まれている気がします。これからの撮影が楽しみです」とコメント。小芝さんも「本当に楽しいです。初日、毎回緊張して『大丈夫かな』と不安になることが多いのですが、今回は、現場にいるとホッとしたりして、明日からが楽しみです」と話していた。

 ドラマは、「海月姫」「東京タラレバ娘」「偽装不倫」などの東村アキコさんのマンガ「美食探偵-明智五郎-」(集英社)が原作。容姿端麗だが超変わり者で、おいしい料理をこよなく愛している探偵・明智が、類いまれなグルメの知識を使って殺人事件を解決しながら、殺人鬼へと変貌する主婦と対決する“恋する毒殺サスペンス”。苺は、いつも明智に助手として駆り出される相棒という役どころ。

 第1話では、明智の元に、夫の浮気に悩む主婦が依頼に訪れる。毎日違う食べ物の匂いを付けて帰ってくる夫の行動を怪しんでいるというが、明智はランチタイムを犠牲にして浮気調査をすることに気が進まない。浮気された主婦の気持ちに感情移入した苺は、尾行中の明智に弁当を届ける約束をする。やがて事態は思わぬ殺人事件に発展し……というストーリー。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る