麒麟がくる:本木“道三”に再び戦慄「怖すぎ」「ガクブル」 「もはやホラー」の声も

テレビ
2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第3回の一場面 (C)NHK

 俳優の長谷川博己さんが主演を務める2020年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)の第3回「美濃の国」が2月2日に放送され、前回の“緑茶毒殺”で多くの視聴者を戦慄(せんりつ)させた斎藤道三(利政)役の本木雅弘さんが、再び大きな存在感を放った。

 第3回「美濃の国」では、夫を亡くした道三の娘・帰蝶(川口春奈さん)は明智荘を訪ね、光秀(長谷川さん)や駒(門脇麦さん)らと束の間の気の置けないひと時を過ごし、笑顔を取り戻す。一方、道三は、より操りやすい土岐頼芸(尾美としのりさん)を美濃の新しい守護として擁立しようとするが……。

 頼芸に「再び守護の座についてほしい」とお願いにあがった道三は、頼芸から「そなた、頼純(矢野聖人さん)を殺したそうじゃな」と毒を盛ったことを問い詰められるも、「私が? 頼純様を? 殺すなどめっそうもない。自ら毒をあおられたのでございます」ととぼけ顔。さらに頼芸が「今や土岐家は、そなたの操り人形じゃと皆が申しておる」と嫌みを言い、守護になって毒は盛られたくはないと“本心”をのぞかせると、道三は表情をぴくりとも動かさず、「操り人形に毒は盛りませぬ」とやり返し、にらむ頼芸に冷笑してみせる。

 同シーンの道三と頼芸のやりとりに対して、SNSでは「息を吐くようにうそをつく道三」「道三すっとぼけwww」「これはマムシですわ」「道三様、超白々しいお顔www」といった声に加えて、「操り人形に毒は盛りません。名言出ました」「操り人形に毒は盛りません…こっわ」「操り人形に毒は飲ませませんって、怖過ぎるだろww」「今のセリフにはゾクッときた!」などと反応する視聴者が続出。

 また、頼芸が道三の嫡男・高政(伊藤英明さん)に自分が実の父親であるかのようにほのめかしつつ、「そなたの父は当てにならぬ。我が子と思うて頼りにしてるぞ」と耳打ちする様子を、少し離れたところから道三がじっと見つめるシーンもあり、「マムシはみた!」「利政はみた。怖すぎだろー」「道三こわ」「ガクガクブルブル」と視聴者を震え上がらせた。

 さらに、稲葉山城に戻った高政が、自分の母で道三の側室の深芳野(南果歩さん)に「私の父親は、まことにあの父上でございますか。私の父親は頼芸様では?」と疑念をぶつけるシーンでは、深芳野が否定した瞬間、戸が開く音と雷鳴と共に道三が姿を現すという展開で、ここでも「怖いよーーーっ」「殿がいちいち怖い」「もはやホラー」「モックンのホラー回」「今日も道三。怖かったよ」「今週もモッくん道三怖すぎ」といった声が次々と上がっていた。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル脚本。若い頃、下剋上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場を駆け抜け、その教えを胸に、やがて織田信長の盟友となり、多くの群雄と天下をめぐって争う智将・明智光秀が主人公。ドラマでは謎めいた光秀の前半生に光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く、エネルギッシュな群像劇となる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る