南沙良:話題のCM美少女はフィルムカメラ好き 諏訪湖の雄大さに感動

NHK信州発地域ドラマ「ピンぼけの家族」完成試写会に出席した南沙良さん
1 / 1
NHK信州発地域ドラマ「ピンぼけの家族」完成試写会に出席した南沙良さん

 「キリン 午後の紅茶」や「ポッキー」のCMなどで知られる女優の南沙良さん(17)が2月12日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われた信州発地域ドラマ「ピンぼけの家族」(NHK長野放送局制作)の完成試写会に出席。主人公の青年(泉澤祐希さん)と共に写真を探す女子高生・宮下陽菜を演じた南さんは、「私自身、昔からフィルムカメラで写真を撮るのが好きだったので、この作品に参加させていただけたことが光栄です」と出演を喜んだ。

 ドラマは「写真」が題材で、物語の舞台は「東洋のスイス」と呼ばれ、世界に誇るフィルムカメラの生産地として一時代を築いた長野県諏訪地域。主人公の青年・斉藤裕介(泉澤さん)が、亡き祖母の面影を求め写真を探す過程でさまざまな人と出会い、自分の知らない町の表情に触れていくオリジナルストーリーだ。丸山智己さんが陽菜の父親、柄本明さんが物語の鍵を握るカメラ修理技師を演じ、手塚理美さん、藤森慎吾さんらも出演している。

 南さんは諏訪ロケの思い出を聞かれ、「私は、諏訪はこの撮影で初めて行かせていただいたのですが、普段とは違って時間とか温度とか、流れがゆったりしていて、心地良かったです。撮影で諏訪湖を近くで見られて、すごい雄大で美しかったです」と振り返った。

 ドラマはNHK・BSプレミアムで2020年3月4日午後10時に放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る