シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。:第6話 “直輝”横浜流星、ミスパンダの殺処分を命じられる 三角関係に展開が?

テレビ
連続ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第6話の場面写真=読売テレビ提供

 女優の清野菜名さんと俳優の横浜流星さんダブル主演の連続ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)の第6話が、2月16日に放送される。第5話で、偽物のミスパンダと飼育員さんが浜口死刑囚を殺害。ミスパンダと飼育員さんは、警察から指名手配された。直輝(横浜さん)はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗さん)から、今後の関係を断つと告げられ、ミスパンダの殺処分を命じられた。レン(清野さん)は、門田(山崎樹範さん)が殺され、大きなショックを受ける。

 一方、全日テレビに出入りするフリーのディレクター・神代(要潤さん)は、7年前のショッピングモール爆破事件で弟を亡くした遺族・陽一(結木滉星さん)と恭子(三倉茉奈さん)を訪ねる。2人には、浜口が殺害された時間のアリバイがなかった。あずさ(白石聖さん)が、レンに直輝との関係を問い詰める中、ミスパンダが逮捕されたというニュースが流れてきた……。

 ドラマは、「ミスパンダ」ことレンと、レンを操る「飼育員さん」こと直輝の“最凶バディー”が、Mr.ノーコンプライアンスの依頼を受け、世の中のグレーな事件にシロクロをつけるオリジナル作品。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る