僕だけが17歳の世界で:佐野勇斗&飯豊まりえ主演ドラマに「泣きすぎてやばい」 ネットで話題に

テレビ
連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」初回の場面写真=AbemaTV提供

 ボーカル・ダンスユニット「M!LK(ミルク)」の佐野勇斗さん、女優の飯豊まりえさんダブル主演の連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」の第1話が、2月20日からインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」で配信。佐野さん扮(ふん)する高校生の染谷航太と飯豊さん演じる航太の幼なじみの今野芽衣のもどかしい恋愛模様が描かれ、SNSなどには「1話から泣きすぎてやばい!」「こんな恋愛ドラマ初めてみた」「毎週見るの決定」という声が上がっていた。

 ドラマは、オリジナルストーリーのファンタジーラブロマンス。航太と芽衣は互いに好意を抱いていることに気付くも、思いを伝えることはなく、航太は17歳で亡くなる。7年後、24歳になった芽衣は、真冬に季節外れの桜が咲いたことを知り、7年ぶりに帰郷。美しく咲き誇る満開の桜を訪ねる。そこには死んだはずの“あの日”の航太がいた……。

 初回は、不倫で職場をクビになってしまった芽衣がその夜、地元で季節外れの桜が咲いたというニュースを目にする。桜の木は、“花が咲いている間に告白して結ばれたカップルはずっと一緒にいられる”というジンクスがあり、芽衣にとって思い出の場所。17歳の高校時代、幼なじみの航太は、桜の木の下で芽衣に思いを伝えようと呼び出したが、伝えられずこの世を去ってしまった……という展開だった。 

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る