僕だけが17歳の世界で:第2話 飯豊まりえが再び桜の丘へ 見覚えのある姿を発見するが…

連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」第2話の場面写真=AbemaTV提供
1 / 6
連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」第2話の場面写真=AbemaTV提供

 ボーカル・ダンスユニット「M!LK(ミルク)」の佐野勇斗さん、女優の飯豊まりえさんダブル主演の連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」第2話が、2月27日からインターネットテレビ局「AbemaTV」で配信される。満開の桜の丘に現れたのは、7年前にこの世を去ったはずの航太(佐野さん)だった。驚いた芽衣(飯豊さん)は思わずその場から逃げ出し、亮平(渡辺佑太朗さん)に報告する。

 その場にはるか(大友花恋さん)も現れ、航太が走っている姿を見かけたという。もう一度航太に会いたいと思った芽衣は再び桜の丘を訪れるが、いない。神社で「もう一度航太に会わせて」と手を合わせると、そこに見覚えのある姿を発見する……。

 ドラマは、佐野さん扮(ふん)する高校生の染谷航太と、飯豊さん演じる幼なじみの今野芽衣が、互いに好意を抱いていることに気付くも、思いを伝えることなく航太が亡くなってしまう。7年後、24歳になった芽衣は、真冬に季節外れの桜が咲いたことを知り、7年ぶりに帰郷する。そこには、死んだはずの“あの日”の航太がいた……という展開のファンタジー・ラブロマンス。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る