小宮璃央:新戦隊キラメイジャーのレッドは17歳 オーディション秘話に憧れの歴代レッドも

アニメ テレビ
魔進戦隊キラメイジャーでキラメイレッド/熱田充瑠を演じる小宮璃央さん

 特撮ドラマ「スーパー戦隊」シリーズの第44作「魔進(マシン)戦隊キラメイジャー」(テレビ朝日系、日曜午前9時半)のテレビシリーズが3月8日からスタートする。今作でキラメイレッド/熱田充瑠を演じるのが、「高1ミスターコン2018」でグランプリに輝いた経験を持つ小宮璃央さん。弱冠17歳というフレッシュさも魅力で、1月の制作発表、2月の劇場版「魔進戦隊キラメイジャー エピソードZERO」公開を経て、「頑張らなくてはって気持ちがどんどんと強くなってきています」と明かす、小宮さんに話を聞いた。

 「魔進戦隊キラメイジャー」は、「宝石」と「乗り物」がモチーフで、不思議なパワーを秘めた美しい宝石キラメイストーンに戦士として選ばれた5人が、人々から希望や輝きを奪おうとする闇の軍団と戦う。木原瑠生さんがキラメイイエロー/射水為朝、新條由芽さんがキラメイグリーン/速見瀬奈、水石亜飛夢さんがキラメイブルー/押切時雨、工藤美桜さんがキラメイピンク/大治小夜を演じ、博多南無鈴役でお笑い芸人の古坂大魔王さんも出演する。

 小宮さんは2002年11月19日生まれ、福岡県出身。2018年に「高1ミスターコン2018」でグランプリに輝くと、続く「男子高生ミスターコン2018」の全国ファイナリストとして準グランプリとSNOW賞を受賞した。また、ダンス&ボーカルグループ「Zero PLANET」のメンバーとしても活動している。

 本格的に演技に挑戦するのは「キラメイジャー」が初めてで、「周りの方にアドバイスをいただきながら、初めての経験をたくさんさせてもらっています」と話す小宮さん。特撮のメインキャストとして、演技に素面のアクション、アフレコとやるべきことは多岐にわたるが、「アクション監督さんから、アクションとダンス、どちらもリズムが大事という話を伺って、少しでも自分のダンス経験を生かせれば」と前向き。さらには「アフレコも含めて、初めての経験ばかりなので、とにかく楽しいっていう気持ちが大きいんです」と声を弾ませる。

 今回、オーディションでの抜てきで、「審査員の方に印象づけるために、同じTシャツを毎回、着て行きました。派手な緑色のTシャツで、最初にたまたま着ていった1枚だったのですが、(1次オーディションに)通ったので、その後は験担ぎの意味もあって。だから、もしかしたらオーディションに受かった何割かはTシャツのおかげかもしれません」と笑顔を見せる。

 演じる熱田充瑠は、絵を描くことが好きな高校生だが、「充瑠君は絵が好きなだけじゃなく、心がとてもキレイで、いざというときに、自分にも何かできるかもしれないって行動に出る人間。好きなものに夢中になってしまうところは自分とも似ているので、等身大で演じることができたら」と力を込める。

 レッド役といえば、「スーパー戦隊」の花形。「一番、記憶に残っているのは『シンケンジャー』の松坂桃李さんと『ゴセイジャー』の千葉雄大さん。めちゃくちゃ見ていて、男の子の憧れであり、夢でした」と語ると、「自分も子供たちに憧れてもらえる、レッドになれるよう、1年間、頑張りたいと思います」と目を輝かせていた。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る