犬飼貴丈:「割とテンパっています……」 「ダブルベッド」でスタジオキャスト&“同棲生活”

テレビ
「ダブルベッド」に出演している犬飼貴丈さん

 初対面の男女があるマンションの一室で7日間「同棲(どうせい)」する様子を見届けるドラマチックドキュメンタリー「ダブルベッド SEVEN DAY LOVER」(TBS)。Episode1でロン・モンロウさんと“同棲生活”を送った俳優の犬飼貴丈さん。その後スタジオレギュラーとして、平成ノブシコブシの吉村崇さんやケンドーコバヤシさん、ブラックマヨネーズの小杉竜一さんとともに、他の“二人”の様子を見守り、動画配信サービス「Paravi」では、そんなスタジオキャストによる「副音声版」も話題を集めている。犬飼さんにスタジオキャストとしての感想や“同棲生活”を振り返ってもらった。

 ――スタジオキャストを務めていますが、やってみていかがですか?

 勉強になることがすごく多いです。芸人さんとお仕事をさせていただく機会があまりなかったんですが、小杉さんと吉村さんがしゃべるときの間や言い回しがすごいなと毎回感じています。お二人のその面白さを邪魔しないようにしつつ、僕もなんとか飛び込んでいくようにしているんですが、VTRを見て恋愛について学びつつ、MCの勉強も常にさせていただいている感じです。

 モニターを見ながらコメントするのが本当に難しいんですよね……。人によって多種多様な人間模様が繰り広げられるじゃないですか。自分はこうじゃないかと思っていたことも、人によっては違うことを思っていたり。いろいろな人の恋愛を見ることによって、自分の中での価値観も変わってきたなという実感もあります。

 ――お芝居の勉強になることもありますか?

 それは僕が「ダブルベッド」で同棲生活をしたときに感じましたね。

 ――Episode1で犬飼さんとロン・モンロウさんが同じ部屋で暮らしたときですね?

 はい。常にカメラがある中で、どうやって生活するか。そこは意識してやっていた部分があったので、お芝居の面でも勉強になるなと感じました。

 ――ちなみに初対面の相手と同じ部屋で過ごすということに恥ずかしさはあったんでしょうか?

 恥ずかしさというよりは、生活の一部に組み込むのが難しかったというのが本音ですね。共同生活しながら、変わらずお芝居の仕事も入っていたのですが、今までの自分の中のルーティーンが崩れるわけじゃないですか。そこに対して、心の中の凹凸をなくしていく作業が難しいと感じました。

 ――林家たま平さんとわちみなみさんの共同生活をご覧になってどう思いましたか?

 本当に恋愛は難しいなと思いました。僕はスタジオキャストとして自分が思っていることをそのまま言ってもいいんですけど、それを言うことによって誰かが嫌な気持ちになってもいけないですし……。当たり障りのないことを言っても、意味ないなと思うのでそのバランスが難しいなと思っています。

 僕は実際にEpisode1で同棲生活をしているので、経験者としてのコメントも出さなきゃいけない立場かなと思っていて、それを考えながら話さなきゃいけないという難しさは感じました。でも、経験しているからこそ、たま平さんの気持ちが分かるなという瞬間があるので、そこで自分なりの意見を言うように意識しています。前のめりになって、ひとつも出来事を漏らさないようにモニターを食い入るように見ています(笑い)。自分のときはこうだったけど、二人はどういう心境になっているんだろうとか考えながら見ている感じです。

 ――では、モニターを見ているときは結構冷静なんですね。

 いえ、割とテンパっています……(笑い)。今回は小杉さんが、たま平さんが何かをやるたびに名前にかけて「○○平」と面白いフレーズでコメントしていたので、僕も「○○平」で何か言いたい……と思ってそればかりに気を取られてしまいました(笑い)。

 ――放送を見ていると小杉さんの恋愛分析力がすごいですよね。

 本当にすごいです! 僕は芸人さんじゃないので、そういう面白さは必要ないのかもしれないんですけど、だからといって的外れなコメントもしちゃいけない。自分のいる意味を模索しながら勉強させてもらっているんですけど、特に小杉さんの観察力がすごいなと感じます。男性として羨ましいなと思います。僕もなんとなくニュアンスでは分かっていても、小杉さんみたいに言語化できないというか……。きっと副音声でご覧になってくださる視聴者の方も「なるほど」と納得すると思います。小杉さん、吉村さんのご意見など聞いていると心理学や恋愛観が重なって、非常に複雑な番組になっているんじゃないかと思います。

 ――吉村さんも観察力鋭いタイプだと感じますか?

 小杉さんがわちさんの気持ちをしっかりと読めていたのに対して吉村さんは僕と同じ意見だったので……、僕と同じレベルじゃないかなと(笑い)。まだまだ女心が分かってなかったです(笑い)。あと吉村さんは毎回、女性に対して小言を言うんですよ。このファッションが嫌だとか。それがすごく面白いんですけど、女性的にはちょっと嫌ですよね(笑い)。

 ――最後に視聴者の方へメッセージをお願いします。

 この番組は今までにない形のリアル恋愛ドキュメントだと思います。自分ならどうするかいろいろと考えながら見ても面白いですし、純粋に2人がどういう結末を迎えるのかドキドキしながら見ていただいても楽しいと思うので、ぜひ2人の行く末を見届けていただければと思います。

 また、僕の周りでは「副音声が面白い」と言ってくださっている方が多くいるので、皆さまにも1回普通に見てから、パラビで副音声版を見て、と二度楽しんでいただければと思います!

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る