Toshl:新川優愛主演「ギルティ」の主題歌担当 オリジナル楽曲でドラマ主題歌は初

テレビ
連続ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」の主題歌を担当する「X JAPAN」のToshlさん=読売テレビ提供

 ロックバンド「X JAPAN」のToshlさんが、4月2日スタートの新川優愛さん主演の連続ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の主題歌を担当することが3月26日、分かった。主題歌は、Toshlさんの新曲「BE ALL RIGHT」で、Toshlさんが22年ぶりにメジャーレーベルからリリースするオリジナル楽曲となる。Toshlさんがオリジナル楽曲でドラマ主題歌を務めるのは初めて。

 新曲は、純愛がテーマの普遍的なラブソング。Toshlさんは「今回はドラマのオリジナルテーマソングの歌唱に初めてトライさせていただきました。ドラマをより盛り上げる演出としての歌声になるよう、ストーリーの人間模様の奥に流れるピュアな想(おも)いを『BE ALL RIGHT』という楽曲に込め、歌唱いたしました」とコメント。視聴者に向けて、「ドラマと合わせて、この楽曲も皆様に深く感じていただけましたら幸いです」とメッセージを送っている。

 ドラマは、丘上あいさんのマンガ「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」が原作。身近な人々から裏切られ、許されない純愛に揺れるヒロイン・荻野爽(新川さん)が、苦悩しながらも強く生きる姿を描く。登場人物が“全員裏切り者”という設定で、毎回、爽に笑顔を向ける人々から、裏切りが発覚する。

 Toshlさんの新曲「BE ALL RIGHT」は、4月3日から配信。なお、3月26日午後11時59分から放送の単発バラエティー番組「押したらどうなる!?禁断のボタン」(同局系)の番組内で流れる予告スポットで主題歌が公開される予定。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る