篠原涼子:新作「ハケンの品格」は「必ず放送する日が来る」 ドラマ公式ツイッターに動画コメント

テレビ
連続ドラマ「ハケンの品格」主演の篠原涼子さん=日本テレビ提供

 女優の篠原涼子さんが4月15日、主演を務める連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)の公式ツイッターで動画コメントを寄せた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、同日からスタートする予定だったドラマの放送が延期になったことに触れ、「待ってくださった方々、本当に申し訳ありません。私もとっても残念ですが、すごく手応えのある作品ですし、必ず放送する日が来ますので、もうしばらくお待ちになっていただけたらと思います」とコメントしている。

 新シリーズの代替番組として、2007年版の前作を振り返る特別編「春子の物語 ハケンの品格 2007 特別編 第一夜」が、4月15日午後10時から放送される。篠原さんは「13年前の映像ですので、私も恥ずかしい気持ちがありますが、大泉洋くんだったり、小泉孝太郎くんだったり、本当に初々しい姿が見れると思います。懐かしい気持ちになっていただけると思います。ぜひ楽しみにしてください。2020年版の『ハケンの品格』も自信を持ってお届けできる作品になっていますので、そちらもぜひ、楽しみにしていてください」とアピールした。

 撮影が休止となっているが、「毎日家のことをやったり、映画を見たり、読書をしたりと、そのような日々を過ごしています」と明かし、「みんなで頑張って、乗り越えていきましょう!」と呼びかけていた。

 「春子の物語 ハケンの品格 2007 特別編 第一夜」は、前作を振り返る特別編。時給が3000円の特Aランクの派遣社員で、看護師、助産師、ふぐ調理師、理容師、危険物取扱者、核燃料取扱主任者、車両系建設機械運転者など数々の資格を所持し、スペイン語、ロシア語が堪能、オフはスペインで過ごしフラメンコで男性を魅了する、“スーパーハケン”大前春子(篠原さん)の歴史に迫っていく。

 謎だらけの大前春子の歴史を振り返りながら、大泉さん演じる東海林武、小泉さん演じる里中賢介との三角関係、丁々発止のやり取りなど、懐かしい場面も紹介。4月15日放送の「第一夜」では、放送当時に話題となった大前春子と東海林武による「ホチキス対決」も放送される。「第二夜」は4月22日午後10時から放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る