M 愛すべき人がいて:安斉かれん、アユ役で芝居初挑戦「すごく緊張…」 マサ役三浦翔平、本人からの“助言”で「迷い吹っ切れた」

テレビ
連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」初回の場面写真(C)テレビ朝日/ABEMA

 “歌姫・浜崎あゆみ”の誕生まで、そして秘められた出会いと別れを描くドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分/ABEMAで全話独占配信)が、4月18日にスタートする。ダブル主演を務める歌手の安斉かれんさんと俳優の三浦翔平さんが、放送前に演じる役についてや見どころなどを語った。

 ドラマは、小松成美さんの同名小説(幻冬舎)が原作。脚本は鈴木おさむさんが手がけた。ドラマの主題歌は浜崎さんの「M」。安斉さんは、後に「平成の歌姫」と呼ばれ、女性たちのカリスマとして君臨するアーティストのアユ、三浦さんは、レコード会社「A VICTORY」を設立した名プロデューサー、マックス・マサを演じる。

 事実に基づいたフィクション原作のドラマ化として、注目を集めている本作。芝居に初挑戦する安斉さんは「初めてのお芝居ですごく緊張していたので、自分なりにどうやってこのドラマがよりよい作品になり、見ている方にどう伝わるかを考えながら、たくさん台本を読んだり、ご本人のMVなどを見たりしてイメージを膨らませていました。時間軸の長いストーリーなのでどう表現するかがとても難しかったです」と語る。

 一方の三浦さんは「原作に書かれている内容と鈴木おさむさんの色たっぷりの脚本を加えてどう演じるか、また90年代の感じをどう作るか、毎回プロデューサーさん、監督と話し合いながら作っています」と明かし、「撮影中の現場に松浦(勝人)さんご本人が来てくださって、『全然大丈夫ですので、好きなようにやってください』と言っていただき、それまで自分の中で持っていた多少の迷いが吹っ切れました」と語る。

 安斉さんは「ドラマでは原作にはない物語も出てくるので、私もワクワクしています。登場するキャラクターが皆一人一人個性豊かなので、そこもぜひ注目して見てください!」、三浦さんは「90年代のギラギラした音楽業界、そして東京に出てきたアユの成長と共に描かれるマサとの切ないラブストーリー。 個性豊かなキャラクターたちがどう物語に絡んで来るのか、ぜひご覧ください」とアピールした。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る