麒麟がくる:「道三ロス」がくる 名場面プレーバック 暗殺未遂で…「伊右衛門VS綾鷹」!?

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の第12回で斎藤道三(本木雅弘さん)を襲った鷹 (C)NHK
1 / 1
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の第12回で斎藤道三(本木雅弘さん)を襲った鷹 (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)。ここまでの物語で「MVP」を一人挙げるとしたら、“美濃のマムシと恐れられた男”斎藤道三を演じる本木雅弘さんの他にいないだろう。5月10日放送の第17回「長良川の対決」では、道三が嫡男・高政(伊藤英明さん)と争い命を落とした「長良川の戦い」が描かれるといい、「道三ロス」は目の前まで迫ってきていると言っても過言ではない。そんな本木道三の活躍を振り返る名場面プレーバック。きょうは第12回「十兵衛の嫁」(4月5日放送)での「道三、暗殺未遂」を紹介する。

 ◇襲われたことが信じられない様子の道三は怒り狂った!

 第12回「十兵衛の嫁」では、織田と今川は和議を結ぶが、三河の拠点を制圧され、もはや今川の勢力は尾張の目前まで迫っていた。自分の命が短いことを悟った信秀(高橋克典さん)は、信長(染谷将太さん)らを集めて織田家のこれからについて話し合う会議を開く。

 そこで待っていたのは、重要拠点の末盛城を、有力家臣と共に信長の弟・信勝(木村了さん)に委ねるという言葉だった。失望で怒り狂う信長。その姿を見て、帰蝶(川口春奈さん)は病床の信秀を訪ね、今回の判断の真意を聞き出そうとする。一方、美濃では、光秀(長谷川さん)が熙子(木村文乃さん)を妻に迎え、祝福ムードに包まれていた……という展開だった。

 “事件”が起こったのは本編開始から30分過ぎのことだった。道三を襲ったのは、彼のことををよく思わない美濃の守護・土岐頼芸(尾美としのりさん)からの頂き物とされる自慢の「鷹(たか)」。爪に塗られていた毒により、身をていして道三をかばった近習(きんじゅ)は命を落とす。自分が襲われたことが信じられない様子の道三は怒り狂い、高政や、城に呼び出された光秀らの前で頼芸を、「もはや守護とは思わぬ、ただの鷹好きのたわけじゃ」と言い放ち、「土岐様と一戦交えるまでじゃ」と宣言する。

 ◇「伊右衛門VS綾鷹」パワーワード誕生にSNSは沸いた…

 かつて娘婿(むすめむこ)の土岐頼純(矢野聖人さん)を、茶で毒殺していた道三。役を演じる本木さんがCMキャラクターを務める緑茶飲料「伊右衛門」(サントリー)に引っかけ、「毒入り伊右衛門」などと盛り上がりを見せたことから、今回は「鷹」の字の入った緑茶飲料「綾鷹」(日本コカ・コーラ)に結びつけ、毒殺合戦を「伊右衛門VS綾鷹」と表現する視聴者が次々と出現。

 さらに「綾鷹が伊右衛門を襲った」「伊右衛門の毒殺からの綾鷹の逆襲」「伊右衛門VS綾鷹www」「伊右衛門vs綾鷹マジで草」「伊右衛門vs綾鷹って誰がうまいこと言えとw」「パワーワード誕生やん」といった声でSNSは大いに沸いた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る