ユースケ・サンタマリア:「麒麟がくる」で初大河も「根拠のない自信」 朝倉義景役「面を上げよ」に謎の高揚感

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第18回から登場する朝倉義景(ユースケ・サンタマリアさん) (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)の第18回「越前へ」(5月17日放送)から、朝倉義景役でユースケ・サンタマリアさんが登場する。ドラマは同回から「越前編」へと突入。今回が初の大河ドラマで、「時代劇の経験が少ないので、所作などしっかりと身に付けなければと思い、監督に相談しましたが、監督からは『所作などは考えず、人物像も調べないで、いつものユースケさんでやってほしい』と言われました」と明かすユースケさんが役について語った。

 朝倉義景は、光秀(長谷川さん)が高政(伊藤英明さん)の手を逃れて入った越前を支配する戦国大名。室町幕府からの名家で、一乗谷を中心に小京都ともいうべき美しく豊かな国・越前を思うがままに営んでいる。京とは距離を置いてつきあっているが、幕府と懇意な光秀を、いいように利用する……。

 監督の言葉を受け、「ほとんど前知識を入れずに手探り状態で撮影に臨んだ」というユースケさんは、「監督からは『その迷っている感じが良い』と言われ、根拠のない自信がつきました」と笑う。

 朝倉義景に対しては「ここまでの登場人物にはいなかったキャラクターで、一癖も二癖もあるつかみどころのない戦国大名ですが、演じていく中でどんどん愛着が湧いています」とも話していて、「光秀と初めて対面するシーンを初日に撮影しましたが、『面を上げよ』というせりふは、これまた謎の高揚感がありましたね(笑い)。『麒麟がくる』の中では、朝倉義景を一番輝かせたいと勝手に思っています。ぜひお楽しみに!」と力を込めた。

 制作統括の落合将チーフプロデューサー(CP)は、「『本木道三』が見事に散って、ついに新たな戦国大名『ユースケさん朝倉』の登場です! 厳格だがケチだった前主君とは打って変わって、今回の大名はつかみどころなく、光秀を翻弄(ほんろう)します。大河ドラマ初出演のユースケさんは、また現場でものらりくらりと我々を翻弄し、まさしく『麒麟版・朝倉義景』がそこにいるかのように我々を錯覚させてくれました」と明かす。

 最後に落合CPは、「中盤、朝倉義景は光秀の運命に大きく関わり、最終的に光秀と信長の前に大きな敵として立ちはだかります。本格的な撮影はこれからですが、ユースケさんがどのように朝倉義景の人物像を育てあげてくれるか、今から楽しみでなりません」と期待を寄せていた。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。若いころ、下克上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場を駆け抜けると、その教えを胸に、やがて織田信長のもとで、多くの群雄と天下を巡って争う智将・明智光秀が主人公。ドラマでは謎めいた光秀の前半生に光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く、エネルギッシュな群像劇となっている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る