ごくせん:松本潤&小栗旬ら出演 第1シリーズ18年ぶりに放送 主演・仲間由紀恵からコメントも

テレビ
ドラマ「ごくせん」のロゴ画像=日本テレビ提供

 女優の仲間由紀恵さん主演で、人気グループ「嵐」の松本潤さんや俳優の小栗旬さんらが出演した、2002年放送のドラマ「ごくせん」(日本テレビ系)第1シリーズが、「ごくせん2002特別編」として18年ぶりに放送されることが5月27日、明らかになった。6月3、10日の午後10時から第1、2話が放送される。

 特別編の放送決定を受けて、主演を務めた仲間さんは「私にとっても思い入れのあるこの作品。久しぶりに見ていただけることをうれしく思っています」と喜びを語り、「今でも大活躍している私の大事な生徒たちの初々しいお芝居も見どころです! お楽しみに!」とアピールしている。

 ドラマは、森本梢子さんの同名マンガが原作で、仲間由紀恵さん演じる熱血高校教師の“ヤンクミ”こと山口久美子が、自身の受け持った不良生徒たちと絆を深めていく姿を描いた学園ドラマ。2002、2005、2008年と3シリーズが放送され、スペシャルドラマや2009年には映画化もされた。

 今回、特別編として放送される第1シリーズには、仲間さん、松本さん、小栗さんをはじめ、石垣佑磨さん、成宮寛貴さん、生瀬勝久さん、故・宇津井健さん、沢村一樹さん、伊東美咲さんらが出演。そのほかに、松山ケンイチさん、上地雄輔さんも出演している。

 ◇仲間由紀恵さんのコメント

 「ごくせん」第1シリーズが、このたび放送されることになりました。皆さん、今はさまざまなことに気をつけながら生活する毎日だと思いますが、こんなときだからこそ、このドラマを見て笑ってスカッとして元気を出していただけたらと思います。私にとっても思い入れのあるこの作品。久しぶりに見ていただけることをうれしく思っています。また、今でも大活躍している私の大事な生徒たちの初々しいお芝居も見どころです! お楽しみに!

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る