愛していると言ってくれ:豊川悦司&常盤貴子の名作、きょうスタート リモート対談も

テレビ
連続ドラマ「愛していると言ってくれ」のワンシーン(C)TBS

 俳優の豊川悦司さんと女優の常盤貴子さんの主演で1995年7月期にTBS系で放送された連続ドラマ「愛していると言ってくれ」(全12話)の特別版第1弾が5月31日午後2時から放送される。特別版は全4回放送予定で、豊川さんと常盤さんのリモート対談も4回放送される。

 「愛していると言ってくれ」は、“恋愛ドラマの神様”の異名を持つ北川悦吏子さんが脚本を手がけ、聴覚に障害がある新進青年画家の榊晃次(豊川さん)と、アルバイトをしながら劇団で演技の勉強を続ける女優の卵、水野紘子(常盤さん)の言葉を超えた繊細なラブストーリーが描かれた。放送当時の平均視聴率は21.3%、最終話で最高視聴率28.1%(共にビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。「DREAMS COME TRUE」の主題歌「LOVE LOVE LOVE」は約250万枚を売り上げる大ヒットとなり、同年のオリコンシングルランキング年間第1位となった。

 画家の榊は、女優を目指し、はつらつとして純粋な紘子と運命的な出会いをする。懸命に手話を覚え、思いを伝えようとする紘子の熱い思いに、晃次の閉ざされた心は次第にほぐされていく。しかし、二人は言葉が伝わらず、誤解が生まれ、そして会えなくなる。恋する者にとって最もつらく厳しい、この三つの障壁が立ちはだかる……。

 紘子の幼なじみ矢部健一は岡田浩暉さん、紘子の友人の吉田マキは鈴木蘭々さん、榊の所属する画廊のマネジャーの神崎薫は余貴美子さん、榊の義妹の栞は矢田亜希子さん、榊の父の伸吉は橋爪功さん、伸吉の元妻の道子は吉行和子さんが演じた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る