行定勲監督:リモート映画Huluで配信 柄本佑、有村架純、二階堂ふみら出演 受け取る許諾料は寄付

映画 テレビ
短編映画「きょうのできごと a day in the home」「いまだったら言える気がする」の出演者(C)2020SS/ROBOT

 行定勲監督がメガホンをとって外出自粛応援のために製作され、YouTubeで公開された完全リモートの短編映画が、6月6日から動画配信サービス「Hulu」で配信されることが5日、分かった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を受け、行定監督自身も新作映画「劇場」「窮鼠はチーズの夢を見る」の公開延期を余儀なくされている。同作の配信について、行定監督は「Huluから受け取ります配信許諾料は、一部経費を控除した後、その全額をしかるべき機関を通じて寄付させていただきます」と表明している。

 映画は柄本佑さん、高良健吾さん、永山絢斗さん、ラップグループ「MOROHA」のアフロさん、浅香航大さん、有村架純さんが出演する第1弾「きょうのできごと a day in the home」と、中井貴一さん、二階堂ふみさん、アイドルグループ「BiSH」のアイナ・ジ・エンドさんが出演する第2弾「いまだったら言える気がする」の2作品。いずれもキャストはボランティア出演で、映像制作プロダクション「ROBOT」と手を組み製作された。

 今回配信される「Hulu特別編」には、本編終了後に行定監督、柄本さん、高良さんの3人がリモート撮影の面白さや難しさなどを語っているインタビュー映像が追加されている。

 また、第3弾となる「映画館に行く日」が製作され、Huluで限定配信されることも決定した。詳細は後日発表される。

 ◇行定勲監督のコメント

 5月25日に非常事態宣言が全国的に解除となりました。これからは、コロナウイルスとうまく向き合いながら経済的な復興に向けたステージに入っていくと思います。今後は、本企画に賛同いただける事業者様との取り組みを通じて医療従事者の皆様、ミニシアター系の映画館などへ寄付を通じた支援をさせていただきたく、その第1弾としてHuluから、6月6日から2作品の配信をすることが決まりました。Huluから受け取ります配信許諾料は、一部経費を控除した後、その全額をしかるべき機関を通じて寄付させていただきます。引き続きチーム一同、映画の力を通じてコロナウイルス感染防止に貢献していきたいと思っております。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る