田中みな実:「M」の怪演で「多くのものを失っている」 眼帯の秘話など明かす

テレビ
連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」放送再開記念リモート会見に出席した(左から)白濱亜嵐さん、安斉かれんさん、田中みな実さん、三浦翔平さん、鈴木おさむさん(C)テレビ朝日/ABEMA

 フリーアナウンサーの田中みな実さんが6月12日、東京都内で開催された連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分/ABEMAで全話独占配信)の放送再開記念リモート会見に出席。眼帯をつけた秘書・姫野礼香を演じ、“怪演”ぶりが話題になっている田中さんは「私、多くのものを失っている気がします……」と冗談交じりに撮影を振り返り、周囲を笑わせていた。

 田中さん演じる礼香は、ドラマオリジナルのキャラクター。演じた感想を聞かれた田中さんは「私は原作には登場しない役ということで。まず、眼帯のフィッティングから始まり、黒も違うし、白も違うし……となってこの眼帯にたどり着いたんです。みかんの皮という説もありますけど(笑い)」と明かし、「あとは、普段絶対言わないセリフがたくさんあるのでどう表現しよう?とものすごく考えさせられます。『許さなーーーーーーい』はかなりこだわって、久しぶりに腹の底から声を出しましたね」と語っていた。

 会見にはアユ役の安斉かれんさん、マサ役の三浦翔平さん、流川翔役の白濱亜嵐さん、脚本を務める鈴木おさむさんも出席。安斉さんについて、三浦さんが「彼女がいるとすごく現場の雰囲気が明るくなるんですよね」と話すと、白濱さんは「現場では若者言葉が飛び交ってますね!」と明かし、さらに田中さんは「2文字以上をあまり発しないんですよ。『すご』『まじ』『やば』みたいな(笑い)。三浦さんも最近、(影響されて)リアクションが『やば』になってますね(笑い)」と語っていた。

 ドラマは、歌姫・浜崎あゆみ誕生まで、そして秘められた出会いと別れを描いた小松成美さんの同名小説(幻冬舎文庫)が原作。主題歌は浜崎さんの「M」。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る