長澤まさみ:小手伸也が「何の生産性もないうそをつく」と暴露

テレビ
リモートイベント「子猫ちゃんたちの集い ~オンラインオフ会編~」に参加した(左から)小日向文世さん、長澤まさみさん、東出昌大さん、小手伸也さん(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

 女優の長澤まさみさんの主演映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」(田中亮監督、7月23日公開)の初のリモートイベント「子猫ちゃんたちの集い ~オンラインオフ会編~」が7月5日開催され、主人公・ダー子役の長澤さん、ボクちゃん役の東出昌大さん、リチャード役の小日向文世さん、五十嵐役の小手伸也さんが参加した。

 オンラインイベントは、映画公式サイトのコンテンツ「ダー子の子猫Club」に登録しているファン「子猫ちゃん」の中から抽選で当たった約100人がオンラインで参加。長澤さんらが巨大スクリーンに映し出された子猫ちゃんからの質問を受け付けたり、逆に質問を投げかけたりするなどのコーナーがあり、長澤さんが子猫ちゃんたちに「私たちの中で、大金をだまし取れそうだと思う、“オサカナ”(ターゲット)は誰だと思いますか?」と質問すると、投票で半数の人が小手さんを選び、東出さん、小日向さん、長澤さんという順になった。

 1位に選ばれた小手さんは「だますより、だまされることのほうが圧倒的に多い。ドラマのクランクアップのときに、長澤さんにだまされました(笑い)」と告白。「僕の最後のシーンを撮り終えてから、(長澤さんが)『小手さんもうワンシーンありますよ』って言ってきて。でも助監督が『オールアップです!』って言ってきて、ぽかんとしちゃって。長澤さんを見たら『なんでぽかんとしてるの?』みたいな顔をしていた。何の生産性もないうそをつく。オチを作ってくれない」と苦笑交じりに明かすと、長澤さんは笑顔を見せていた。

 「コンフィデンスマンJP」は、信用詐欺師のダー子、ボクちゃん、リチャードが、さまざまな業界を舞台に、壮大かつ奇想天外な計画で、欲望にまみれた人間たちから大金をだまし取る……という“痛快エンターテインメントコメディー”。2018年4月期にフジテレビ系“月9”枠で連続ドラマが放送され、映画版第1弾「コンフィデンスマンJP ロマンス編」が2019年5月17日に公開。スペシャルドラマ「運勢編」が同年5月18日に放送された。

 新作映画「プリンセス編」は、ダー子らが世界有数の大富豪一族フウ家を次の“オサカナ”(ターゲット)にする。一家の当主のレイモンドが亡くなり、10兆円の遺産を狙って、史上最大のコンゲームが展開される。

 リモートイベントでは、約9分間の本編冒頭映像も公開。イベントの模様は、1週間限定でYouTube「東宝Movieチャンネル」内で配信されている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る