ハケンの品格:“ゴミ清掃芸人”マシンガンズ滝沢 第5話でゴミ清掃員役

テレビ
連続ドラマ「ハケンの品格」第5話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第5話(7月15日放送)に、“ゴミ清掃芸人”としても知られるお笑いコンビ「マシンガンズ」の滝沢秀一さんがゲスト出演することが7月8日、分かった。滝沢さんは、芸人の仕事を続けながらゴミ清掃会社で正社員として働いており、2018年にその経験をつづったエッセーが人気となった。ドラマでも本人と同じ職業のゴミ清掃員役を演じる。

 ドラマは、2007年に放送された同名ドラマの13年ぶりの続編。篠原さん扮(ふん)する一匹狼の最強ハケン社員・大前春子の働き方を描いた作品で、令和の時代となった今回は、「働き方改革」「高齢化」「副業」「アウトソーシング」「AI導入」「過労死」などをテーマに、新しい時代の働く人の品格を問う。前作同様、中園ミホさんが脚本を担当している。

 ◇滝沢秀一さんのコメント

 前作から大好きな作品で、特に妻が大ファンなので出演が決まった時は真っ先に妻に報告しました。「誰と共演するの!?」と僕より喜んでくれて(笑い)。篠原さんと、小泉(孝太郎)さんとのシーンだったんですが、とにかくお二人のオーラがすさまじくて……。緊張もしましたが、現場がとても明るくかつテキパキと仕切ってくださって、楽しく演じさせていただきました。

 今回、ゴミ清掃員役としてのオファーで、実際正社員としてゴミ清掃員をやっているのですが、「ハケンの品格」に出られたことで、「ゴミ清掃員になってよかった!!」と改めて思いました。マシンガンズはコントをやらないので、“演じる”ことが普段まったくないんですが、関係者の方々に私のお芝居をご覧いただき、ぜひオファーをいただけたらと思っております!

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る