青天を衝け:吉沢亮主演の21年大河 草なぎ剛、堤真一、竹中直人、木村佳乃… 主人公・妻役に橋本愛

テレビ
2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」に出演が決まった橋本愛さん(左)と堤真一さん

 俳優の吉沢亮さん主演で2021年に放送される大河ドラマ「青天を衝(つ)け」の新キャストが発表され、草なぎ剛さん、堤真一さん、竹中直人さん、玉木宏さん、橋本愛さん、木村佳乃さんらの出演が明らかになった。また、岡田健史さん、村川絵梨さん、藤野涼子さん、朝加真由美さんの大河ドラマ初出演も決まった。

 そのほか、小林薫さん、和久井映見さん、高良健吾さん、成海璃子さん、田辺誠一さん、満島真之介さん、平泉成さん、渡辺いっけいさん、津田寛治さん、平田満さんも出演する。

 草なぎさんが徳川幕府最後の将軍・徳川慶喜役、堤さんが慶喜の側近・平岡円四郎役、竹中さんが慶喜の父で、水戸藩主の徳川斉昭役、玉木さんが主人公・渋沢栄一(吉沢さん)に影響を与える砲術家の高島秋帆役、橋本さんが栄一の妻となる女性・尾高千代役、木村さんが円四郎の妻・平岡やす役を務める。

 また、栄一の父・渋沢市郎右衛門を小林さん、母の渋沢ゑいを和久井さん、姉の渋沢なかを村川さん、妹のていを藤野さんが演じる。

 「青天を衝け」は、渋沢栄一が主人公で、朝ドラ「風のハルカ」(2005年度後期)「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る