石原さとみ:「アンサング・シンデレラ」“後輩役”西野七瀬が「いとおしい」 撮影再開で「すごくナチュラルです」

テレビ
連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」で主演を務める石原さとみさん

 女優の石原さとみさんが主演を務める連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系、木曜午後10時)が、7月16日スタートする。本作は、総合病院薬剤部で働く薬剤師の奮闘を描く。主人公の薬剤師・葵みどりを演じる石原さんに、役に共感するポイント、撮影現場の様子、さらに初共演となる西野七瀬さんの印象などについて、聞いた。

 ドラマはマンガ誌「月刊コミックゼノン」で連載中の荒井ママレさん、富野浩充さん(医療原案)の「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」が原作で、連続ドラマで初めて病院薬剤師を題材とする医療ドラマ。萬津(よろづ)総合病院薬剤部の病院薬剤師・みどりたちが、患者の“当たり前の毎日”を取り戻すために奮闘する姿を描く。

 石原さん演じるみどりは「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある。それが、薬剤師にとって何より大切だ」という信念を持ち、患者一人一人と真摯(しんし)に向き合っているというキャラクターだ。石原さんは、そんなみどりについて「正義感が強いです。患者とその家族のことまで第一に考えている薬剤師だと思います」と分析する。

 ◇撮影中断でキャストが仲良く ドラマで医療従事者への「感謝と尊敬を表現できたら」

 ドラマの撮影は、新型コロナウイルスの影響で約2カ月中断された。撮影が再開された当時については「すごくうれしかったです。みんなとも会うことができて」と振り返る。撮影再開後の変化については「キャスト同士がすごく仲良くなりました。同じ状況を乗り越えようとする仲間に対する信頼感なのか、安心感なのか。お芝居をしていても、すごくナチュラルです」と明かした。

 石原さんには、医者や看護師、薬剤師の友人がいるといい「命を懸けて人を救っている皆さんに感謝と尊敬の気持ちでいっぱいになりました」と振り返りつつ、「医療従事者に迷惑をかけないようなことで、少しでも何かできないか」という思いで、石原さん演じるみどりが薬に関する情報を伝える「お薬講座」動画のアップを、自ら提案した。

 石原さんは、「お薬講座」動画のほか、劇中で着用しているユニホームのデザインにも関わった。「この作品に携わってから、いろいろな感情が芽生えました。学ばせていただいたことも、たくさんありました。私の人生において、とても意味のある作品になると思います」と真剣な表情で語り、「医療従事者への感謝と尊敬をドラマで表現できたらと思います」と力強い視線を投げかけていた。

 ◇西野七瀬に期待するもの

 西野さん演じる新人薬剤師の相原くるみについて、石原さんはキャリア8年のみどりが、「いとおしく思っている」と役どころを説明。その部分に「おこがましいのですが、重なる部分がすごくあります」と、共通点を抱いているという。西野さんを「応援する気持ちなのか、未来の希望として考えているのか分からないのですが、すごく可愛いなって(笑い)。母性なのかな。いとおしいっていう気持ちが強くなっている」と語り、照れ笑いを見せた。

 さらに、「彼女の魅力がこの作品で輝いてほしいと心から思っています。『私と話しているときの笑顔を役柄で出してほしい!』とか。西野さんが魅力的に輝けば輝くほど、この作品は良くなると思っています」とエールを送っていた。

 「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」は7月16日から毎週木曜午後10時に放送。初回と第2話は15分拡大版で放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る