安斉かれん:小4からのギャル化に父親の反応は…? 学生時代にとにかくモテたという“タレコミ”も

7月17日の「ダウンタウンなう」に出演する安斉かれんさん(C)フジテレビ
1 / 4
7月17日の「ダウンタウンなう」に出演する安斉かれんさん(C)フジテレビ

 連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系/ABEMA)でアユ役を演じ、話題となった歌手の安斉かれんさんが、7月17日に放送されるトークバラエティー番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系、金曜午後9時55分)に出演。現在20歳の安斉さんは、小学4年生くらいから髪を金髪にしたり、カラコンやつけまつげを付けたりと、休日にはばっちりメークをするギャルだったと発言。坂上忍さんから「お父さんには何も言われなかった?」と聞かれると、父親には言い訳をしてごまかしていたと明かす。

 幼なじみから安斉さんの恋愛に関する“タレコミ”があり、学生時代にとにかくモテたという安斉さんは、同級生や他校の生徒など多くの男子に告白されたが、好きな人に一途(いちず)なのですべて断っていたことなどが明らかになる。また、ドラマで共演した田中みな実さんと河北麻友子さんから、安斉さんの生態や“英語と中国語にまつわる特技”などが明かされる。

 さらに、父親に連れて行ってもらった世界的アーティストのライブがきっかけでサックスを始めたといい、その場で生演奏を披露する。番組には大原櫻子もゲスト出演する。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る