家政夫のミタゾノ:今夜はシリーズ史上最もミステリー色の強い回に 「必ず、ホシをあげる!」

連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」第7話の場面写真=テレビ朝日提供
1 / 2
連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」第7話の場面写真=テレビ朝日提供

 人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さん主演の連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)の第7話が、7月17日に放送される。同話はシリーズ史上、最もミステリー色の強い回となっているといい、派遣家政夫の三田園(松岡さん)が「必ず、ホシをあげる!」と、某捜査一課長顔負けの迫力で犯人検挙を宣言する。

 第7話は、大物女性脚本家・稲葉祐実(高橋ひとみさん)の依頼を受けやって来たミステリー好きの三田園と舞(飯豊まりえさん)。祐実と関係が思わしくないアシスタントの詩織(遊井亮子さん)が、祐実の夫・英夫(黒田アーサーさん)と不倫関係にあることが判明。さらに祐実と詩織が大声で言い争う場面を目撃してしまう。

 詩織との口論の後、祐実はこつ然と姿を消してしまう。血の付いた包丁を洗う英夫、大きなスーツケースを持ってどこかへ行こうとする詩織、祐実がほのめかしていたストーカーの存在。怪しい人物だらけの脚本家失踪事件の謎に、三田園が迫る……という物語。祐実の師匠だった紅葉役として、ジュディ・オングさんも出演する。

 ドラマは、家政婦紹介所に所属する派遣家政夫の三田園が、派遣先の家庭で隠された秘密に気づき、依頼人の化けの皮をはがしていく……というストーリー。毎回、三田園が家事の“裏技”を披露することも話題になっている。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画