日向坂46東村芽依:“グループナンバーワンの身体能力”発揮なるか 「炎の体育会TV」リレー企画に生出演 応援に加藤史帆

「日向坂46」の東村芽依さん(C)Seed&Flower LLC
1 / 1
「日向坂46」の東村芽依さん(C)Seed&Flower LLC

 アイドルグループ「日向坂46」の東村芽依さんが、8月1日午後7時から生放送される「炎の体育会TV」(TBS系)スペシャルに出演することが分かった。「緊急生放送! 野球&陸上2元生中継SP!」と題して放送される今回、東村さんは、マスクで顔を隠したマスクマンとのリレー対決の企画に登場。箱根駅伝で優勝経験があり、区間賞も獲得した現役ランナーだというマスクマンが1人で4000メートルを走り、足の速さに自身のある東村さんら女性芸能人10人が、1人400メートルを走るハンデマッチのリレーでマスクマンに挑む。

 東村さんは1998年8月23日生まれ、奈良県出身の21歳。2016年に「けやき坂46」(現・日向坂46)の1期生としてデビューした。運動神経の高さが持ち味で、50メートルのタイムは7秒6。小学生時代は、校内のマラソン大会で5年連続で1位に輝いたという。冠番組「日向坂で会いましょう」(テレビ東京)でもその運動神経の高さを発揮し、グループでナンバーワンの身体能力を誇る。

 東村さんは「体を動かすことが大好きなので、この企画に参加できてうれしいです。日向坂46はなんでもがむしゃらに取り組むグループなので、その熱さが伝わるように全力で走りたいと思います!」と意気込んだ。番組には、日向坂46のメンバーで、同じ1期生の加藤史帆さんも応援ゲストとして出演する。

アイドル 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る