馬場ふみか:主演ドラマで“付き合ってはいけない職業男子”と危険な恋 原作は人気のLINEマンガ

テレビ
馬場ふみかさん=ABC提供

 電子コミックサービス「LINEマンガ」で連載されている、横山もよさんのマンガ「3Bの恋人~付き合ってはいけない職業男子との恋遊戯~」が、女優の馬場ふみかさん主演でドラマ化されることが8月6日、分かった。2021年1月期にABCテレビで放送される。

 ドラマは、オトコを信用できない主人公・小林はる(馬場さん)と、美容師、バンドマン、バーテンダーの「3B」たちの危険な恋を描く。トリマーとして働くはるは、結婚式のドレス試着の日、2年間付き合っていた彼氏が子持ちの既婚者であると知り、恋愛に臆病になっていた。そんな時、常連のマダムから、「はるちゃん、今モテ期に入ってるわよ。この3カ月が勝負ね」と予言され、美容師やバンドマン、バーテンダーと出会う……という展開。

 監督はドラマ「僕はどこから」(テレビ東京)、「LINE の答えあわせ~男と女の勘違い~」(読売テレビほか)、「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」(Hulu)などの瀧悠輔さんが務める。

 馬場さんはドラマ出演について「付き合ってはいけない『3B』と一緒に暮らしていくお話ということで、どんな生活になるんだろうと、とてもわくわくしました」と語り、「とにかくそれぞれのキャラクターが個性的で、それに振り回されながら一喜一憂する、はるちゃんの姿がとてもポップに描かれていて、一気に読んでしまいました」と原作について語っている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る