名探偵コナン:「金曜ロードSHOW!」で2週連続名作SP 第1話を新たに描く「エピソード“ONE”」 「江戸川コナン失踪事件」も

アニメ マンガ
「名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵」のビジュアル(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 2016

 人気アニメ「名探偵コナン」の名作テレビスペシャルが、「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系、午後9時)で9月11日から2週連続で放送されることが分かった。過去に「金曜ロードSHOW!」のために制作され、人気だったエピソードを放送する。9月11日は、「名探偵コナン」の放送開始20周年を記念して2016年に制作された「エピソード“ONE” 小さくなった名探偵」、同18日は原作の連載開始20周年を記念して2014年に制作された「江戸川コナン失踪事件 史上最悪の二日間」を放送する。

 「エピソード“ONE” 小さくなった名探偵」は、原作者の青山剛昌さんの全面監修の元、第1話「ジェットコースター殺人事件」を完全新作として制作し、放送当時ファンの間で大きな話題となった。原作をより忠実に再現しながらも、第1話では描き切れなかったそれぞれのキャラクターたちの行動や気持ちなどのディテールを加え、新たな物語として制作された。

 黒ずくめの組織に従いアポトキシン4869を開発するシェリー(灰原哀)など、第1話の段階では登場していなかったキャラクターも登場するほか、コナンと出会う前の少年探偵団や阿笠博士、コナンが家に転がり込む前の毛利小五郎らも描いている。新一と蘭が運命のトロピカルランドでデートすることになった理由など謎に包まれていた部分や、その後の物語につながる伏線も随所に張り巡らされている。

 「江戸川コナン失踪事件 史上最悪の二日間」は、とあるたくらみが、コナンたちを巻き込み、複雑に絡み合う本格ミステリー。銭湯で転倒し気を失ってしまったコナンは、怪しい2人の男に車で連れ去られる。2人は、裏の世界で有名なアドリブのタツと伝説の殺し屋・コンドウだった。やがて目を覚ましたコナンは、頭を打ったショックで記憶喪失になる。映画「鍵泥棒のメソッド」で監督、脚本を務めた内田けんじさんが脚本を手がけ、同映画にも出演した香川照之さん、広末涼子さんが声優として参加したことも話題になった。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る