半沢直樹:“黒崎”片岡愛之助、“女将”井川遥の小料理屋初訪問 「撮影では一度も来たことがなかったので…」

片岡愛之助さんがブログにアップした写真
1 / 3
片岡愛之助さんがブログにアップした写真

 俳優の堺雅人さん主演の連続ドラマ「半沢直樹」(TBS系、日曜午後9時)で、“オネエ言葉”が特徴の金融庁検査局・主任検査官の黒崎駿一を演じている片岡愛之助さんが9月4日、自身のアメーバオフィシャルブログを更新。同ドラマで井川遥さんが演じる女将(おかみ)・智美の小料理屋に初めて訪れたことを報告した。

 ブログは「今夜!!」というタイトルで、片岡さんは「今晩8時から10時までTBS系列で、『ぴったんこカンカン』にて、半沢直樹に出てくるあの居酒屋で皆んなでのご飯会が」(原文ママ)とつづり、「撮影では一度も来たことがなかったので、ちょっとうれしかったです」と報告。

 井川さんとスパイラル社長・瀬名洋介を演じる尾上松也さんとの3ショット、井川さんと東京中央銀行の債権管理担当常務・紀本平八を演じる段田安則さんとの3ショットも公開している。

 ドラマは、池井戸潤さんの「半沢直樹」シリーズが原作で、2013年7月期に放送された前作は「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」を映像化。東京中央銀行の半沢直樹(堺さん)が、銀行の内外に現れる敵と戦い、組織と格闘していく様を描いた。約7年ぶりの続編は、「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」を実写化する。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る