未満警察 ミッドナイトランナー:最終話視聴率11.0%で2桁乗せ “スコップ男事件”が終結 「すでに恋しい」とロスの声も続々

テレビ
連続ドラマ「未満警察 ミッドナイトランナー」のロゴ画像=日本テレビ提供

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さん、「King & Prince」の平野紫耀さんがダブル主演を務める連続ドラマ「未満警察 ミッドナイトランナー」(日本テレビ系、土曜午後10時)最終話が9月5日に放送され、平均視聴率(世帯)は11.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。2桁台に乗せ、フィニッシュした。

 今回で、第6話から描かれてきたスコップ男事件がついに終結。教官・片野坂譲(伊勢谷友介さん)と学生・橘冬美(大幡しえりさん)の“秘密”など、事件の真相がすべて明らかになり、「衝撃的すぎて……」「想像以上に悲しかった」と言葉を失う視聴者が続出した。また、最終話を迎え、「毎週の楽しみが……」「さみしすぎる」「すでに恋しい」と“ロス”の声が相次いでいる。

 ドラマは警察学校を舞台に、理論重視で頭脳派タイプの本間快と、感情先行型で肉体派タイプの一ノ瀬次郎という“警察未満”の2人の成長を描く物語。本間と一ノ瀬が学校の授業で得た知識を駆使して難事件に挑み、お互いの足りない部分を補いながら最高のバディーになっていく。

 最終話では、橘冬美(大幡しえりさん)の持っていた古い携帯電話の映像ファイルに、教官・片野坂譲(伊勢谷友介さん)が“スコップ男事件”の最初の被害者である中富姫花を土に埋めている姿のほかに、ある衝撃の場面が映っていた。映像を見た本間と一ノ瀬はショックを受けがくぜんとするが、事件の裏に隠された真実を突き止めるべく警察学校の同期たちと捜査を開始する。

 助教の及川蘭子(吉瀬美智子さん)も手伝い、それぞれが調べた情報と証拠を基に3件の殺人事件をプロファイリングした本間と一ノ瀬たちは、片野坂を警察学校の教室に呼び出し“スコップ男事件”の模擬捜査結果を発表する。思わぬきっかけから9年前の事件に巻き込まれ、真犯人を追うことになった彼らがたどり着いた真実とは……というストーリーだった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る