UFC253:高阪剛がミドル級タイトルマッチ見どころ語る 王者・アデサニヤ「覚醒するのはこれから」

テレビ
「UFC253」に出場するイズラエル・アデサニヤ選手(左)(C)GettyImages

 日本時間の9月27日に開催される世界最高峰の総合格闘技イベント「UFC253」が、同日午前11時からWOWOWライブで生中継される。今回のメインイベントは、王者イズラエル・アデサニヤ選手が、総合格闘技13戦全勝の最強挑戦者のパウロ・コスタ選手を迎え撃つミドル級タイトルマッチ。また、ジョン・ジョーンズ選手のタイトル返上を受けて、ドミニク・レイエス選手とヤン・ブラホヴィッチ選手によるライトヘビー級暫定王座決定戦も行われる。ミドル級タイトルマッチの見どころを、WOWOWの「UFC-究極格闘技-」解説者を務める格闘家の高阪剛さんが語った。

 ◇

 ーー「UFC253」のメインイベント、ミドル級タイトルマッチは、19戦全勝の王者イズラエル・アデサニヤと13戦全勝の挑戦者パウロ・コスタによる全勝対決となりました。

 まさにミドル級の頂上対決。しかも、両者ともにKO率が高いストライカー同士ですから、これは楽しみですよね。どちらも打撃で相手をフィニッシュするファイターですが、タイプ的には対照的なんです。簡単に言うと、アデサニヤは長い手足を駆使した蹴りも含めた変則的な打撃の使い手で、コスタはインファイトでKOを狙う正統派のハードパンチャー。

 ーーとくに至近距離からのフック、アッパー、ボディーブローは強烈なものを持っています。

 また試合の作り方も、コスタは相手の出方を見るのではなく、自分から手を出して距離を潰して強いパンチをたたき込んでいるので、自分の“倒す力”というものをしっかり認識して試合をしている。それに彼は打撃のKO勝利が多いですが、もともとは黒帯を持っている柔術ベースの選手です。だから、もし組みの展開になっても“そこからも攻めることができるぞ”という自信を持ちつつ試合をしているのも大きい。

 ーー前回、アデサニヤはヨエル・ロメロ相手に防衛戦を行い、判定で勝ちはしましたけど、ずっと距離をとって“お見合い”の展開になり、大ブーイングを浴びる結果となりました。

 アデサニヤっていうのは、もともと離れた距離で戦う選手だし、なおかつ相手にも中に入らせないようなプレッシャーをかけるので、お見合いになる可能性は確かに高いんですよ。ただ、ああやって前に出てこない相手に対して、自分がイニシアチブを握ることができなかったことも確か。だから、前回のロメロ戦を“やっちまった”と本人が認識しているかどうかで、今回の試合のやり方も違ってくると思うんです。

 ーーアデサニヤがブーイングを浴びたロメロ戦を経て、どう変わったかが問われる、と。

 “試されるチャンピオン”というのもかわいそうなんですけど、UFCはそういうことが結構多いんですよ。前回、UFC252のヘビー級タイトル戦も王者ミオシッチが、いかにして挑戦者コーミエを攻略するかという感じがあったり。UFCチャンピオンっていうのは大変ですよ。毎回、違いタイプの最強の相手と戦って勝ち続けなきゃならないわけですから。

 ーーしかも、コンテンダー全員が、チャンピオンの戦い方を研究しています。

 だから個人的な希望としては、この前のロメロとの試合後にいろいろ言われたことを発奮材料にしたアデサニヤが見たいですね。アデサニヤはチャンピオンですけど、まだまだ可能性を秘めた発展途上の選手だと思うので。

 ーー総合格闘技の頂点であるUFC王者でありながら、まだ未完の大器だと。

 覚醒するのはこれからなんじゃないかと思います。逆にコスタにしたら、いまがアデサニヤを倒すチャンスかもしれない。いずれにしても、アデサニヤが前回と比べてどう変わったかがポイントになると思います。

 *……試合の模様は、「生中継!UFC‐究極格闘技‐ UFC253 Wタイトルマッチ!ミドル級アデサニヤ&ライトヘビー級王座決定戦」と題し、9月27日午前11時にWOWOWライブで生中継。10月20日午後5時にWOWOWライブでリピート放送する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る