半沢直樹:“渡真利”及川光博の「倍返しだ」に反響 「震えた」「かっこ良すぎ」 “タブレット福山”山田純大とのコンビには…

テレビ
連続ドラマ「半沢直樹」9話のワンシーン(C)TBS

 俳優の堺雅人さん主演の連続ドラマ「半沢直樹」(TBS系、日曜午後9時)の第9話が9月20日、15分拡大で放送された。同話では、渡真利(及川光博さん)が、同期の半沢(堺さん)の名ぜりふ「倍返しだ」を発するシーンがあり、SNSには「震えた」「しびれた」「かっこ良すぎです!」といった声が上がった。

 第9話では、箕部幹事長(柄本明さん)の不正を追う半沢が、黒崎(片岡愛之助さん)が残した「伊勢志摩ステート」というヒントを手がかりに、箕部の政治基盤となっている伊勢志摩へと飛ぶ。その後、半沢は「伊勢志摩ステート」から箕部に多額の金が流れている証拠を探す……という展開が描かれた。

 伊勢志摩で半沢は「タスクフォース」のリーダー・乃原(筒井道隆さん)のうわさを耳にし、渡真利に乃原の過去を探ってもらえないかと相談。半沢が「お前には絶対に迷惑をかけないようにするからさ」と言うと、渡真利は「嫌だね。迷惑かけないって何だよ、それ。俺はお前のような男こそ、人の上に立つべきだと思っている。銀行のトップに行くべきだって。だからこそ危ない橋を渡ってきた。みくびらないでくれます。借りはちゃんと返すように。倍返しだ」と語った。すると、半沢は「分かった。100倍にして返すよ。恩返しだ」と話し、同期の熱い絆を見せた。

 また同話では、渡真利と、「データが全て」が持論で常にタブレット型パソコンを持ち歩いている福山(山田純大さん)がコンビを組んで、箕部とつながりのある紀本常務(段田安則さん)の部下・灰谷(みのすけさん)を待ち伏せしたり、証拠を吐かせようとするシーンが登場。ユニークな会話を交わしたり、オーバーな演技を見せたりするなどし、視聴者からは「このコンビ面白い!」「ナイスコンビ!」「可愛い二人」といった声も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る