アンサング・シンデレラ:最終話 2年後 責任を感じた“みどり”石原さとみは萬津総合病院を離れ…

テレビ
連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」最終話の一場面(C)フジテレビ

 女優の石原さとみさん主演の連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系、木曜午後10時)最終話が9月24日に放送される。

 葵みどり(石原さん)が瀬野章吾(田中圭さん)に抗がん剤治験薬の投与を始めてから2年が経過した。みどりは萬津総合病院薬剤部を離れ、産婦人科医院で働いていた。ある日、薬剤部の小野塚綾(成田凌さん)がみどりを訪ねて来て、入院患者だった簑島心春(穂志もえかさん)が研修に来ていることや、瀬野が不在なので自分が救急薬剤師を任されていることなどを話し、萬津総合病院へ戻って来るよう促す。瀬野への治験薬投与に責任を感じていたみどりは、今の仕事が大事だと断る。

 みどりが医院に戻ると、妊娠35周目の向坂千歳(土村芳さん)が家でおなかを打って倒れたと、母の世津子(朝加真由美さん)に連れて来られていた。母子共に大事はなかったが、てんかんの既住を持つ千歳が立ちくらみで転倒したと聞いたみどりは、抗てんかん薬をきちんと服用しているかと尋ねる。千歳と世津子は服用していたと答えたが、実はうそをついていた。

 原作は、マンガ誌「月刊コミックゼノン」で連載中の荒井ママレさん作、富野浩充さん医療原案のマンガ「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る